2006年12月31日

インフルエンザ発生一番目は岐阜県、次いで北海道でも発生

インフルエンザ:女児ら2人が感染−−今冬初 /北海道

 札幌市地域衛生課は27日、市内の医療機関を受診した1歳女児と10代男性の計2人から、道内では今冬初のA香港型インフルエンザウイルスを検出したと発表した。全国では岐阜県に次いで2番目で、今年は全国的に発生が少ない冬になっている。

 女児は7日に38・6度、男性は18日に39・8度の発熱があり、それぞれ翌日に受診。のどから採取した体液からウイルスが検出された。昨冬は11月30日に受診した患者が第1号だった。同課は流行に備え、手洗いやうがい、部屋の換気などをまめにするよう呼びかけている。

------

 あ、とうとう。

 実は私、インフルエンザ予防接種をしていなかった年までは、毎年必ずインフルエンザにかかっていました。そして予防接種をするようになってから、かかることはなくなりました。

 そして、ついつい、今年、予防接種するのを忘れてまして。この記事を見て「あっ」と思いました。えぇ。

 インフルエンザワクチン、臨床の医者の間でも「本当に効くのかぁ?」と疑問視されている方が多いと思います。そこで私が体を張って、インフルエンザワクチンの有用性を証明したいと思います。もし私がインフルエンザにかかったら……いやかかりたくはありませんが。

関連
明るい性格の人は、風邪をひきにくい
インフルエンザの季節。新型インフルエンザの予防法とは。
タミフル服用と異常言動には関連がないことが証明される


広告
posted by さじ at 00:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。