2006年12月30日

心筋細胞を大動脈に巻きつけて、拍動動脈を作る実験を行う

<心筋再生>ヒト応用目指しブタ実験へ 自治医大などチーム

 自治医科大と東京女子医大の研究チームが来年1月、ブタの心筋細胞から作ったチューブを別のブタに移植し拍動させる実験に乗り出す。ラットを使った同様の実験は既に成功しており、研究チームの小林英司・自治医大教授(移植免疫)は「将来はヒトの細胞から心不全治療に使える『拍動動脈』を作りたい」と話す。

 現在、心臓移植を受けられない重症の心不全の患者は、補助人工心臓を埋め込む治療を受ける。長く使用できるタイプもあるが、機械を体内に入れることによる感染症や機械の故障などトラブルも多い。

 研究チームは昨年春、生まれたばかりのラットの心筋細胞を培養し、別のラットから取り出した動脈に巻きつけて直径1.3ミリのチューブを作った。それを大人のラットの大動脈に移植したところ、4週間後にチューブが独自の拍動をし、血圧が上がっていることを確認した。

 ブタの実験では、ブタの胎児から心筋細胞を採取して同様のチューブを作り、別の大人のブタの大動脈に移植する。移植するチューブが1本の場合と3本の場合を比べ、血圧上昇への関与を調べる。実験が成功すればヒトへの応用も視野に入ってくるという。

 ただ、大人のヒトの心筋細胞を増殖させることは難しいため、実現には受精卵から作る胚性幹細胞(ES細胞)などから心筋細胞を成長させる技術の確立が必要だ。

 小林教授は「国内では脳死臓器提供者が非常に少なく、移植までの待機期間が非常に長い。チューブは生体と同じ組織。補助人工心臓と違って動力の外部エネルギーも不要なため、成功すれば患者側のメリットは大きい」と話している。

------

 うおーこりゃすごい。要するに心臓の機能を補ってやるために、自分自身で拍動する大血管を構築してやろう、と。しかも心筋細胞と同じだから別のところからのエネルギーもいらない。凄いわーこれは。血液いきわたっちゃう。

 実際、心筋細胞のシートを作ってそれ自身が拍動するのは実験によって行われています。あとは人間でどれだけ臨床適用できるのか。心臓移植がままならない今だからこそ必要とされている研究です。

関連
心筋細胞は血流が止まるとまだら模様に死んでいく
心筋梗塞を白血病治療薬で治そう
生理の血から、心筋っぽい細胞を発見


広告
posted by さじ at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック