2012年12月02日

認知症の精神科入院、過去最多の5万3千人に。

認知症の精神科入院増加、最多5万3千人に

 精神科病院に入院する認知症の人が、昨年は5万3400人と過去最多に上ったことが、厚生労働省が3年ごとに実施する患者調査でわかった。

 調査によると、精神科病院に入院する認知症の人の数は、1996年に2万8100人だったが、高齢化の進展とともに2005年に5万2100人へ増加。08年は、ほぼ横ばいで5万1500人だった。今回の調査は、東日本大震災の影響で宮城県の3市2町と福島県を除く集計だが、それでも過去最多を更新した。



 そりゃそうでしょ。受け皿がないんだし。

 本来なら施設に入所するような程度の人も、精神科病院に入院しているケースが多いもんなぁ。でもそれって施設が全然少ないから起こってるんじゃないのかなぁ。

 本来なら介護職をちゃんと増やして、賃金も有る程度確保するべきなんだろうけど、なんでか、アレなんだよねぇ、介護職が給料低いというか。不思議なんですよね、やってることは相当もらっていいはずなんだけども。介護潤えば施設でみれる認知症老人も増えて、精神科に入院しなくていいんだけどもなぁ。

 増税して、福祉に使うっていうのは、ホントなんですかね。期待しちゃっていいんですかね。なんか結局公共事業やら訳のワカランことに使われる気がする。結局政治家って、自分の地元が潤えばいいとか、そういう処、あるんじゃないですか?じゃなきゃあんな低レベルな人が地元で祭り上げられて後援会やら出来るはずないもんなぁ、と思うんですけれども。復興予算で作った、変な就職活動用ソフト、ご覧になりました?私が中学の時にやったパソコンのゲーム「ごたく」以下の出来で、それで何千万とか使われたらしいんですが。そういうことばかりやっちゃうからダメだっつーのに、それでも当選してしまうのは国民の民度が低いんですかね。


広告
posted by さじ at 23:51 | Comment(0) | 介護
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。