2012年12月01日

遺伝性乳がんデータベースを作り、予防治療へ繋げる。

遺伝性乳がん、データベース化 傾向分析、予防治療へ

 遺伝的に乳がんや卵巣がんになりやすい女性のデータベースを作って、患者特有のがんや遺伝子の特徴を調べるプロジェクトが始まる。発症リスクの高い人を明らかにして、がんの早期発見や治療法の確立につなげる。

 データベース作りには、昭和大、慶応大、がん研有明病院などの医師ら約300人が参加する。27日に研究組織を立ち上げ、患者ごとに、がんや遺伝子変異の特徴、治療後の経過、再発率など50項目以上のデータを入力して分析する。

 日本人女性は生涯で16人に1人が乳がんを発症、年間に新たに約6万人が診断される。乳がんの5〜10%は遺伝的な影響が強く、家族性のがんと考えられている。家族性は、若い頃に発症しやすく、卵巣がんも発症する場合が多い。患者の多くに、BRCAという遺伝子の変異がみられる。この変異があると将来、4〜9割が乳がんに、2〜6割が卵巣がんになるという欧米のデータがある。日本人患者特有の遺伝子の特徴がある可能性も指摘されるが、詳しい実態はわかっていない。



 抵抗があるんでしょうけれど、乳がんはホント、日本人の発見が遅れますね。若い世代から定期的な検診をしっかり行う必要があります。癌の中でも、気づいた時には手遅れだったりするので、是非是非、定期検診を。

 しかし医師300人が参加してのデータベース作りとは、かなり力入れてますね。


広告
posted by さじ at 17:00 | Comment(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。