2006年12月26日

東京の女子中高生は必要なエネルギーの7,8割程度しか摂っていない

1日に必要なエネルギー量摂取7〜8割程度

 東京都内の中学・高校の女子生徒が、1日3回の食事で、必要なエネルギー量の7〜8割程度しかとっていないという調査結果がまとまった。

 調査は、昭和女子大大学院教授、渡辺満利子さん(公衆栄養学)らが2005年10月、東京都内の中学1年の女子生徒262人、高校1年の女子生徒145人と、その母親を対象に実施した。2日間の食事内容を記録してもらったところ、1日に摂取している平均エネルギー量は中学生で1685キロ・カロリー、高校生で1670キロ・カロリーだった。

 厚生労働省の検討会がまとめた食事摂取基準(2005年版)によると、12〜14歳女子は1日あたり2050〜2300キロ・カロリー、15〜17歳女子は同1900〜2200キロ・カロリーが健康を維持するための目安だ。この結果、1日3回の食事で、必要なエネルギー量の7〜8割にとどまっていることが分かった。

 食事内容を分析すると、エネルギーが足りない一方、脂質はとり過ぎの傾向があった。不足エネルギーは、ご飯やイモ、豆類などの穀類で補うと、バランスの良い食事になるという。

 「女子生徒は一般にスリム志向が強く、標準的な体形でも、自分は太り気味と考え、食べることを控えているのでは。1日3回の食事で、平均して1食あたり約200キロ・カロリーを追加するのが望ましい。ご飯を軽く盛ったら何キロ・カロリー、たっぷり盛ったら何キロ・カロリーになるのかといった知識を身につけてほしい」と渡辺さんは話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 知識のないダイエットは成功しません。炭水化物を取らず脂質を取るのが現代人の食生活なのでしょうが、それでは栄養バランスが崩れます。すなわちスタイルもよくならんということです。

 特に10代というのはホルモンのバランスが、ただでさえ難しい年頃です。そんなときに栄養が偏っていては、成長するところも成長しません。せめてホルモンが落ち着くまでは、1日3食、しっかりとした和食を食べてもらいたいものです。

関連
医学処 太りやすい体質を爪の遺伝子から判定するサービスを開始
医学処 命の危険があっても痩せたいと願う思春期やせ症を追う
医学処 26人の死者も出ている「子供の拒食症」が激増


広告
posted by さじ at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。