2006年12月26日

加藤茶が大動脈解離で10時間に及ぶ緊急手術。術後は順調。

加藤茶さん 会見し「大動脈解離」で緊急入院したと明かす

 タレントの加藤茶さん(63)が25日会見し、大動脈解離で10月末に緊急入院していたことを明らかにした。会見に同席した慶応病院の医師によると、約10時間にわたる緊急手術を受けたが、術後は順調で、29日に退院し、来年1月まで休養する予定という。

 加藤さんは「死んでもおかしくなかったと言われ、自分は生かされているんだと思った。元気になるまで少し待ってください。死ぬまでバカやりますから」と語った。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 大動脈解離とは。危なかったですね。大動脈っていうのは心臓から出ている太い血管なんですが、その血管は層構造になってまして、その層と層の間に血液が入り込んで、動脈をビーっと割くようにして進んでいくのが大動脈解離です。手術は人工血管置換術で、うまくいったようです。迅速な対応がよかったんですよね。

 いつまでもドリフらしくせいいっぱい生きてもらいたいものです。

関連:医学処 ステントグラフトによる腹部大動脈瘤治療が拡大中


広告
posted by さじ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック