2006年12月23日

ブレスレット商法詐欺は、血液検査に細工がしてあるだけです。

血液検査に細工、11億を売り上げ ブレスレット薬事法違反事件

 那覇市内の健康食品販売会社が未承認医療機器のブレスレットを高額で販売していた薬事法違反事件で、同社にブレスレットを卸していたブレスレット製造販売会社「日本新宝石」(大阪市)が2005年の1年間で約10億8000万円の売り上げがあったことが22日までに分かった。県警によると、同社の取引先は約40社。末端の小売店は全国で約300店舗に及ぶという。同社は社長、常務ら4人が逮捕、書類送検され、罰金刑などの処分が出ている。

 県警は同社が、細工された血液検査で「ドロドロ血」が「サラサラ血」に変わったと見せかける詐欺的商法で売り上げを伸ばしていたとみている。

 県警によると、血液をガラス板に落とすと、濃淡のむらができる。濃い部分を顕微鏡で見ると赤血球がつながってあたかもドロドロであるかのように見え、逆に薄い部分を見ると赤血球は一つずつ離れてサラサラであるように見える。

 調べでは、同社は着用前は「ドロドロ」部分を、着用後は「サラサラ」部分を顧客に見せ、実際にはない効果をうたい、顧客を信じ込ませていた。県警が同社から押収したメモに、この現象を利用していたことが詳細に記されていた。

 さらに、メモには「基本的に(顕微鏡の)ピントを合わせない」「左右に動かしながら」など、顧客にからくりがばれない見せ方の巧妙な手口も書かれていた。メモは同社が販売店にブレスレットに売り方を研修する際に利用したとみられている。

 薬事法、医師法違反で逮捕された那覇市内の健康食品販売会社経営の男(51)も研修を受け、同様の販売手法を習っていたことが判明している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 こんなので騙されるのも正直どうかしていると思いますが、先天的に騙されやすい日本国民は要注意といったところでしょうか。まさか電話口でオレオレ言われただけで何百万も払い込むとは思わないでしょう?でも払う人がいるんですよね、恐ろしいことに。

 あのまるで根拠のないマイナスイオンブームと同様、意味不明の詐欺的商法がまかりとおっているのが現状です。もう少し頭を使って考えましょう。

参考:大阪大学の菊池誠教授の話

「マイナスイオン」→科学的根拠はない
「ゲルマニウム」→お守り程度の効果
「ゲーム脳」→親のしつけの問題
「水からの伝言」→水はただの物質

 さらに菊池教授は、「科学的誠実さゆえに曖昧さがある科学よりも、白黒をつけると断言するニセ科学のほうが、科学らしいと信じる人たちがいる。しかし、世界はそれほど単純ではない。単純な二分法は思考停止だ。科学本来の合理的思考のプロセスを大事にするべきだ」などと述べ、二分法的思考で、結論だけを求める風潮が社会に蔓延しつつあることに疑問を呈した。

関連
医学処 「血液がサラサラに」と主張するブレスレット商法は詐欺です
医学処 ダイエット目的でのゲルマニウム関連商品が大人気


広告
posted by さじ at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。