2012年10月20日

内視鏡手術を大幅に向上させる最新支援ロボを九州大学が開発する

内視鏡手術の支援ロボ開発 患者の負担軽減、九大など

 頭と胸、腹の内視鏡手術を支援する高機能ロボットを九州大の橋爪誠教授(消化器外科)らのグループが開発し、九州大病院(福岡市)で4日、公開した。正面だけでなく側面も見回して腫瘍を発見できる内視鏡など、世界初の機能を備え、患者の負担を軽くできる。3〜5年以内の実用化を目指す。

 橋爪教授らによると、手術部位に合わせて内視鏡やロボットアームの種類を交換できるほか、体内の立体(3D)映像をモニターで見ながら、細かな操作ができるのが特徴。

 今回の頭部用ロボットは、側面も360度観察できるため、腫瘍の取り残しが少なく、50%以上の生存率が見込めるという。



 手術の技術も器械の進歩でどんどん向上していきますね。手先の器用さよりフレキシブルな対応や柔軟な姿勢のほうが外科医にとって必要な技術になりそう。そうなってくるとアレですかね、結構テレビゲームを小さい頃にやっていたほうが、手術などもうまくなりそうです。今でもそれは変わりませんが。


広告
posted by さじ at 00:30 | Comment(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。