2012年10月14日

食道がん患者の3割はアルコール依存症の疑いがある。

食道がん男性患者の3割、アルコール依存症の疑い

 食道がんになった男性の約3割にアルコール依存症の疑いがあることが、京都大や国立病院機構久里浜医療センターなどのグループの研究でわかった。19日、札幌市で始まった日本癌学会で発表した。飲酒が食道がんになりやすくするとの報告はあるが、食道がん患者にアルコール依存が多いことを示したのは初めてという。

 2005〜10年、全国16施設で早期の食道がんがわかり、内視鏡でがんを切除した279人の男性について、飲酒する頻度や飲み始めてやめられなかった頻度などを聞く世界保健機関のテストを実施した。

 その結果、29%はアルコール依存症の疑いがあるとの結果が出た。16%は依存症ではないが健康を害する危険な飲酒に分類された



 アルコールのリスクがかなり大きいということは分かっていましたが、依存症が隠されていることも多いとなると、予防としてそちらに関するケアも必要か。実際、アルコール呑み続けてしまう人って、肝臓だけでなく、その影響で食道のあたりも弱りきっていますもんねぇ…。

関連:
医学処:ビール1杯で赤くなる人は、食道がんのリスクが8倍
医学処:アルコールの分解力と酒の強さは関係ないことが判明
医学処:飲酒と因果関係のある癌は、食道がん、乳がん、大腸がん。
医学処:膵臓がんや食道がんに対するワクチン療法、効果あり
医学処:二日酔いの原因はアセトアルデヒドではないかもしれない。
医学処:酒を飲むと顔が赤くなる日本人は食道がんになりやすい。
医学処:熱々のお茶を飲むと食道がんのリスクが2倍になる。
医学処:親友のいない人はお酒を飲むと脳卒中のリスクが上がる。
医学処:歯磨きで食堂がんや頭頸部がんのリスクを下げることが出来る
医学処:自覚症状が出現しない、恐るべき食道がん
医学処:パクリタキセル、食道癌や子宮頸癌などへの保険適用を拡大する


広告
posted by さじ at 02:00 | Comment(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。