2012年10月09日

デュシェンヌ型筋ジストロフィーの画期的治療薬エテプリルセンとは

難病・筋ジス治療に光 新薬治験で歩行能力改善

 筋力が衰えて歩けなくなったり、心不全や呼吸不全のために20代で死亡したりすることが多い進行性の難病、デュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療薬ができそうだ。米サレプタ社が米国で行った新薬の小規模臨床試験で、患者の歩行能力の改善などが確認された。

 この病気は、筋肉を作るジストロフィンというたんぱく質が体内で合成されず、筋肉が壊れることで起きる。ジストロフィンの設計図に当たる遺伝子に変異があるためで、根本的な治療法は見つかっていない。

 だが遺伝子の変異部分を読み飛ばす(無視する)作用を持つ薬ができれば、正常に近いジストロフィンの合成が期待される。このアイデアは「エクソン・スキップ」と呼ばれ、今回の新薬エテプリルセンも、これに基づいて開発された。



 こんな凄いことが投薬で何とかなってしまうってのが凄い…医療の進歩って目覚ましいですね。この読み飛ばしの技術使えば神経変性疾患だいたい良くなっちゃうんじゃなかろうか。多岐にわたって活躍しそうだわ。


広告
posted by さじ at 02:00 | Comment(0) | 脳神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。