2012年10月08日

ミトコンドリアの機能が低下すると良性腫瘍の癌化を招く。

ミトコンドリア機能低下、がん化招く=生きたハエで確認−神戸大

 細胞内でエネルギー合成を担うミトコンドリアの機能が低下すると、良性腫瘍のがん化を招くことを、井垣達吏神戸大准教授らの研究チームが生きたショウジョウバエを使って解明した。英科学誌ネイチャー電子版に1日発表した。

 研究チームによると、ミトコンドリアの異常ががん化に関わっていることは知られていたが、生体内でメカニズムが確認されたのは初めて。このメカニズムを抑制すれば、新たながん治療の開発につながる可能性があるという。



 へー。ミトコンドリアが活性化(つっても恐ろしい話ですけど)し続けるような工夫があればいいんでしょうかね。運動とか?ですかね。逆にミトコンドリアが影響しているとすると、癌の遺伝も母方からのほうが多い?


広告
posted by さじ at 18:00 | Comment(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。