2012年09月09日

非アルコール性脂肪性肝炎NASHは肥満の肝臓が腸内細菌に過敏になるために起こる!

太っているだけで肝炎に 横浜市立大などが解明

 横浜市立大や大阪大などの研究チームは4日、飲酒しなくても発症する非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)について、太っている人の肝臓が腸内細菌に過敏に反応することで肝炎を発症するメカニズムを初めて突き止めたと発表した。

 研究チームによると、NASH患者はメタボリック症候群に該当する人を中心に全国で200万人以上に上るが、原因などが分からず、有効な治療法がなかった。今回の研究成果で、治療薬開発などが進みそうだ。

 チーム長の中島淳横浜市立大教授(消化器内科)は「花粉症患者のように肥満者が細菌に過敏反応することが分かった。治療法や診断法の開発に役立てたい」と話している。



 肝炎っちゅーのはだいたい肝炎ウイルスもしくはアルコール多飲によって起こりますが、肝炎ウイルスになってなくても太ってる人が肝炎を起こすことがあります。それが非アルコール性脂肪性肝炎、略してNASHです。名前はかっこいいんですけど恐い病気です。なにせ、理由もないのに太ってるだけで肝炎になってしまうんですもの。

 それが、なんだ、腸内細菌に反応して肝炎起こすという。えぇぇー!?ですよ。凄いわ。どういうことなのか。ちょっと細かい説明欲しいですね。


広告
posted by さじ at 01:54 | Comment(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。