2006年12月07日

カプサイシンとイソフラボンを同時に摂ると毛髪の成長が促進

トウガラシ+豆腐で育毛効果!

 「トウガラシと豆腐を食べると毛が生える!?」聞いてビックリだが、しっかりと科学的根拠のある話だ。

 トウガラシの辛み成分カプサイシン、そして大豆に含まれる成分イソフラボン。2つを同時に摂取することで毛髪の成長が促進されると、名古屋市立大・岡嶋研二教授、原田直明助手らの研究から判明した。

 まず、臨床試験の結果を紹介しよう。薄毛や脱毛に悩む男女に、毎日6ミリグラムのカプサイシンおよび75ミリグラムのイソフラボンを5カ月間にわたって投与。すると、薄毛に対しては84%、全頭脱毛でさえ38%という高率の改善が見られた。黒々とした毛髪が再生し、見た目に明らかな変化が現れた人も多かった。有効な治療法が少ない円形脱毛症が顕著に改善し、ヘアピースが不要になった人もいるという。

 では、その育毛効果のメカニズムとは? 鍵となるのが、毛乳頭細胞で作られる「IGF‐1」(インスリン様成長因子)という物質。髪の元になる毛母細胞の成長を促したり、毛髪の成長期間を延長したりする物質だ。

 この「IGF‐1」が正常に働くためには、頭皮の知覚神経から放出されるCCRP(カルトニン遺伝子関連ペプチド)という物質が必要。カプサイシンは知覚神経を刺激して、CCRPの放出を活性化させる。一方、イソフラボンは知覚神経内にCCRPをどんどん作り出させる。この相互作用によって、育毛の直接部隊である「IGF‐1」が活発に毛根で働き、育毛効果を生み出すというわけだ。試験では、イソフラボンとカプサイシンの摂取によって、「IGF‐1」の血中濃度が上昇していたことも確認された。

 「体の内部から発毛や育毛に作用するため、原因や性別を問わず、さまざまなタイプの薄毛、脱毛に効果が期待できる。実際に、男性壮年期に見られる男性型脱毛、更年期の影響による女性の脱毛、ストレスやウイルス性の脱毛症のいずれにも改善効果が見られた」と岡嶋教授は語る。

 なお、試験ではサプリメントが用いられたが、一日に一味トウガラシを茶さじ2杯、豆腐を半丁ほど食べれば、同程度のカプサイシンとイソフラボンが摂取できる

 豆腐のみそ汁や冷ややっこに、一味トウガラシをかけて食べてもおいしい。髪の悩みを抱える人、トウガラシ豆腐を試してみてはいかが。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 嘘かまことか。まあどちらとも、摂っても悪いことはないと思いますので、試してみると良いのではないでしょうか。

関連
医学処 ハゲの遺伝子治療。細胞に毛を生やすよう指令することが可能に
医学処 髪がダメージを受けるメカニズムを解明。新商品開発へ。
医学処 後頭部の頭皮を移植して、睫毛(まつげ)を増やす美容形成
医学処 若白髪は本当に抜いたら増えるのか
医学処 ハゲのための蜜柑ヘアトニック、厚生労働省にも認められる
医学処 男性型脱毛症の苦悩を描いたドラマがネット配信


広告
posted by さじ at 03:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。