2006年12月07日

禁煙セラピーのアレン・カー氏、肺癌で死去

「禁煙セラピー」のアレン・カー氏死去

 アレン・カー氏(英禁煙活動家)29日、肺がんのためスペイン南部マラガ付近の自宅で死去、72歳。

 ロンドン出身。1日に100本吸っていたヘビースモーカーの会計士だったが、83年に禁煙に成功。世界30カ国以上に、70を上回る禁煙クリニックを開設するとともに、自らの体験を基に日本でもベストセラーとなった「禁煙セラピー」など多数の本を出版、2500万人以上を禁煙に導いたとされる。今年夏、肺がんと診断された。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ご冥福をお祈り申し上げます。

 当ブログのコメント欄に寄せられた情報によりますと、「アレンさんが長年やっていた禁煙クリニックはタバコを吸いながら受けられる禁煙セラピーで、それが原因で病気になった可能性が高いらしい」とのことです。

関連
医学処 禁煙セラピーの開発者、アレン・カー氏が肺癌に
医学処 CTで発見した肺癌は10年生存率が9割にも上る


広告
posted by さじ at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。