2012年09月05日

やっぱりというか何というか、水タバコは身体によくない。

水タバコはやはり呼吸器によくない=イラン大学の研究

 イランのマシュハド医科大学はこのほど、煙を水にくぐらせる「水タバコ」はたばこの煙を深く吸い込む喫煙と同じくらい呼吸器疾患を引き起こすとした研究結果を明らかにした。

 中東で何世紀もの歴史がある水タバコは近年、欧米の若者、特に女性の間ではやっている。しかし今回の研究結果は、水タバコはたばこの有害物を取り除くから安全だと主張する擁護者らに科学の面から新たな打撃を与えるものだ。

 研究チームは水タバコの喫煙者57人、たばこの煙を深く吸い込む喫煙者30人、通常の喫煙者51人、非喫煙者44人の肺機能を2年続けて3カ月ずつ調査。その結果、呼吸時にゼーゼー音が出る喘鳴が起きたのはそれぞれ23%、30%、21.6%、9.1%、せきが出たのは21%、36.7%、19.6%、6.8%、たんができたのは14%、10%、3.9%、6.8%だった。

 研究チームのリーダーは「水タバコが肺機能に与える影響はたばこの煙を深く吸い込む喫煙者に見られるものと似ている。通常の喫煙も、水タバコより影響は少ないものの、十分に呼吸器疾患の原因となる」と指摘した。
 2005年の世界保健機関(WHO)の調査によると、水タバコの煙には高濃度の一酸化炭素、発がん物質、ニコチンなどが含まれている。また、たばこの喫煙者は5〜7分に8〜12回ほど吸い、吸い込む煙の総量は0.5〜0.6リットルだが、水ギセルの場合は20〜80分間に50〜200回吸い、1回当たりの吸い込む煙の量も0.15〜1リットルに上る。つまり、水ギセルの喫煙者は吸い始めから吸い終わりまでに、たばこの喫煙者が100本以上を吸うのと同じ量の煙を吸っている可能性があるとされた



 まぁ身体にいいわけがないですわな。そして水たばこだとアレなんでしょうね、フレーバーとかでごまかされてるところとか、あるんでしょう。あとは何といっても、煙吸ってる感じが少ないから、深く大きく吸い込んでしまうとか。

 日本でも中東系料理屋とかで手軽に体験できますけれども、あれより本場はもっとキツいんだとしたら結構な勢いではありますね。


広告
posted by さじ at 01:25 | Comment(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。