2006年12月03日

パーキンソン病の妻に腹を立て殴り殺した吉田俊雄

妻殴り死なせた夫逮捕=「病気で家事できない」に立腹−千葉

 妻を殴り死なせたとして、千葉県警習志野署は1日、傷害致死の疑いで習志野市谷津、無職吉田俊雄容疑者(62)を逮捕した。「食事の片付けをしろと言ったら、病気だからできないと答え、腹を立てた」と供述しているという。

 調べによると、吉田容疑者は数日前、自宅で妻(62)の顔や頭などを殴り、死亡させた疑い。

 吉田容疑者の妻は、10年ほど前からパーキンソン病を患っていた。同容疑者は「20〜30発殴ったが、その時は鼻血を出した程度だった。けさ気が付いたらソファで死んでいた」と話しているという。 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 パーキンソン病についての症状など、詳細は下記リンク参照。
医学処 ビタミンB6を摂ることで、パーキンソン病になりにくくなる。

 見てもらえば分かりますように、症状が進行してしまうと、食事の片付けもできません。それで激昂するとは…。おそらく暴力が日常的に行われていたんでしょうけれど、配偶者が病気のことをまるで理解していないというところにやるせなさを感じます。

関連
医学処 パーキンソン病予防に、カフェインが効く
医学処 パーキンソン病に対し国内初の遺伝子治療が行われる
医学処 抗生物質ミノサイクリンが覚せい剤中毒やパーキンソン病に効く


広告
posted by さじ at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | 脳神
この記事へのコメント
パーキンソンの妻を激しく叱責する夫が、
実はアルツハイマーだった。というのはよくある話。その逆ももちろんある。

そういうのも知ってないと、ただのひどい夫の話で終わっちゃいます。多少とも医学の知識があると自負するならば事件の背景を類推してください。

>配偶者が病気のことをまるで理解していないというところにやるせなさを感じます。

同じですよ。
Posted by at 2006年12月06日 18:23
いやいや。さすがにその意見には納得できませんな。事件の背景に病気がある可能性はありますが、だから私が全ての場合において疾患を考慮せねばならんというのは解せません。このニュースの続報で「夫がアルツハイマーだった」と報じられているのならいざしらず。

医学の知識云々て、関係なくないですか。あなたの書込を見て「この人は統合失調症の可能性がある」と思うようなものではないですか。それとも記事中に、アルツハイマーを思わせる文章でもあるのでしょうか。私にはそうは見えませんでしたが。
Posted by さじ at 2006年12月07日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。