2006年12月03日

かに道楽本店で数十人が食中毒。2日間の営業停止へ

巨大看板の「かに道楽」、ミナミの本店で21人食中毒

 大阪・ミナミの「かに道楽本店」(今津文雄社長)で食事した客21人(5〜70歳)が嘔吐や下痢の症状を訴え、大阪市は2日、食中毒と断定、本店を3日から2日間の営業停止処分にした。客はいずれも軽症で、快方に向かっているという。

 市によると、客は大阪、奈良、愛知各府県の家族連れら5グループで、先月26日に来店、カニの作りなど「かに会席」を食べた。翌日午後以降、相次いで発症し、うち15人が医師の診察を受けたという。

 「かに道楽」は関西を中心に関東、中・四国などに60店あり、巨大な「動くカニ」の看板で知られる。岸和田店(大阪府岸和田市)でも72人が食中毒を起こし、2日から3日間の営業停止処分になっている

 「かに道楽」によると、他の店では被害の訴えはないという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 あらまー。かには食中毒を引き起こしやすいものの1つですからね。そういう店は徹底してもらいたいものです。今後の営業イメージに傷がつきますしね。

関連
医学処 おはスタ内で取り上げたブルーベリーが毒物だったことが判明
医学処 牛肉や鳥肉の加熱不足でカンピロバクターによる食中毒が多発
医学処 焼肉バイキングでカンピロバクターによる食中毒が発生


広告
posted by さじ at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。