2006年11月30日

経口投与を繰り返すとHIVに対する免疫が着実に高まる薬

免疫効果高めるエイズワクチン、順天堂大など実験成功

 経口投与を繰り返すと着実にエイズに対する免疫力が高まる新しいエイズワクチンの開発に、順天堂大や近畿大などの共同研究グループがマウスを使った実験で成功した。

 よく効くエイズワクチンの開発は世界的な課題で、将来の臨床応用が期待される。30日から東京・千代田区で始まる日本エイズ学会で発表する。

 このワクチンは、天然痘の予防接種に使われていた安全な種痘ウイルスに、エイズウイルスの遺伝子の一部を組み込んだもの。投与するとエイズウイルスのたんぱく質が作られ、それをもとにエイズウイルスへの免疫ができる。

 エイズウイルスは増殖時に変異しやすいため、それに対抗できる免疫を複数回の投与でつけることが望ましいが、これまでの研究では、1〜2回投与すると種痘ウイルスに対する免疫ができてしまい、エイズウイルスに対するワクチン機能が低下する欠点があった。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 なるほど。少しずつエイズウイルスたんぱくに対する抗体を作り続けていくから、免疫力は着実に高まる、ということでしょうか。これで根治できるんでしょうかね?変異に対抗できるのかどうかも難しいところですが、なにぶん情報がないもので。

関連
医学処 HIVの起源はカメルーンのチンパンジー
医学処 遺伝子を組み替えたヒトのT細胞内のHIVを完全に消滅させることに成功
医学処 HIVを減らす「遺伝子治療」実験が好成績を挙げる


広告
posted by さじ at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。