2006年11月29日

大酒飲みは自殺のリスクが著しく高い

大酒飲みは「自殺要注意」 「3合以上」で2.3倍

 「大酒」は自殺リスクを高めるらしいことが、名古屋市立大の明智龍男助教授(精神医学)らの大規模疫学調査で分かった。酒量を調べた中高年男性のその後を追跡調査したところ、「1日3合以上飲む人」の自殺率は「時々飲む人」の2.3倍に上った。英国の精神医学雑誌に報告した。

 厚生労働省研究班として90〜93年に飲酒状況を聞いた全国の40〜65歳の男性約4万5000人を、その後約8年半にわたって調べたところ、168人が自殺。全体では毎年約2200人に1人が自殺したことになる。

 酒量に応じ、全く飲まない人から1日3合以上飲む人まで6グループに分けて比べると、酒量が増えると自殺率が上がり、酒量が最も多く自殺率も最も高い1日3合以上のグループでは、毎年約1600人に1人の割合で自殺していた

 全く飲まない人の自殺率も1日3合以上グループとほぼ同じだったが、自殺の危険性を高める重病を持ち、酒を飲めなかった人が含まれていたことが考えられるという。

 明智さんは「最近あの人飲み過ぎでは……、そんな酒量の増えた人がいたら要注意。周囲の人の対処が必要」と言う。

 飲酒と自殺については、ソ連時代のロシアとベラルーシで、85〜89年の禁酒政策時代に自殺がそれぞれ約3割減ったと報告されるなど、以前から関連が疑われていた。国内でも都道府県の住民1人当たり飲酒量と自殺率の間に強い相関関係がみられる、と明智さん。

 国立病院機構・久里浜アルコール症センターの樋口進副院長は「依存症の人は自殺率が高いという調査はあったが、飲酒と自殺の関係を大人数の追跡調査で実証した意義は大きい。自殺への歯止めが利かなくなるほか、飲酒がうつを引き起こしたり悪化させたりすることも考えられ、今後解明が必要だ」と指摘する。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 そもそも1日に3合も飲む人って、「のまずにはいられない」という人が多いのではないでしょうか。アルコールが脳の分泌物をおかしくしてしまうのか、脳の分泌物の異常(うつなど)をカバーしようとして暴酒に走るのか。どちらにしろ酒の飲みすぎは良いことではありません。チビリチビリと、酒の味を楽しむ程度にしましょう。どうにも酒を飲まずにはやっていられないのでしたら、生活の中で別の何か発散できるものを見つけるべきです。

関連
医学処 飲酒により美人に見える公式はβ=(An)^2×d(S+1)/√L×(Vo)^2
医学処 熊本大学の医学生が一気飲みで死亡。山本哲郎教授らに賠償命令
医学処 アルコールの分解力と酒の強さは関係ないことが判明


広告
posted by さじ at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。