2006年11月27日

エクオールをつくる乳酸菌を発見。更年期障害の改善へ

更年期症状に効く乳酸菌を発見 食品に応用へ

 食べ物による更年期症状改善の主役は、大豆イソフラボンから腸内細菌がつくる「エクオール」と見られるようになってきたが、大塚製薬はエクオールをつくる乳酸菌を発見、体内から取り出すことに成功したと発表した。日本人の半数はこうした菌を腸内に持たないといわれ、大豆を食べても効果がなかった人には朗報だ。食品にも応用可能なエクオール産生菌を取り出したのは世界初。

 エクオールは、女性ホルモンと似た構造を持った物質。大豆イソフラボンの一種であるダイゼインが腸内で分解されてでき、更年期症状の改善や乳がんの予防などに役立つ可能性がある。

 ただ、日本人の約5割、欧米人の約7割は産生菌を持たず、大豆イソフラボンを食べてもエクオールにまで分解できない。共同研究をした渡邊昌・国立健康・栄養研究所理事長は、「食品に応用できれば、分解ができない人だけでなく、アレルギーで大豆が食べられない人もエクオールを摂取できるようになるかもしれない」と話す。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 人間と乳酸菌は切っても切り離せない関係です。うまく付き合っていきましょう(イソフラボンの過剰摂取はよろしくありません)

関連
医学処 アンギオテンシンIIは破骨細胞を活性化させて骨粗鬆症を引き起こす
医学処 大豆イソフラボンの過剰摂取は非常に危険
医学処 妊婦や子供には大豆イソフラボンを摂らせすぎないほうが良い


広告
posted by さじ at 07:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
エクオールの英訳名を教えてください。
Posted by mickey at 2007年05月04日 15:07
Equol
Posted by 英訳? at 2007年05月04日 22:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。