2012年07月21日

恐ろしく痛くなる病気、尿路結石について知っておこう

サンド富澤、尿路結石でショック

 お笑いコンビ、サンドウィッチマンの富澤たけし(38)が20日付のブログで、尿路結石を患っていることを明かした。ブログによれば、最近血尿などもあり、疑いは持っていたとか。15日の朝、腹部の激痛で目覚めた。痛みで立てないほどだったが、痛み止めでやり過ごしながら、仕事のため香川へ。鈍痛を痛み止めで抑えながらも、「トイレ」というショートコントで思い出してしまったり、「ネタ中に激痛がやってきたら…」と考えて集中できなかったり、ファンから声をかけられても笑顔がひきつってしまったという。2回の舞台を終え、帰京して病院へ。尿検査や血液検査、CT、エコーなどで調べた結果、予想通り尿路結石と診断された。「オッサンの病気だと思っていた病が自分に降りかかった」とショックを受け、「激痛がいつ来るかもわからない」「結石が無事に体外に出てくれるのを今は祈るしかない…」と不安を抱えながら、仕事を続けているようだ。



仙台市長が尿管結石で入院 1週間程度

 仙台市は1日、奥山恵美子市長(61)が尿管結石のため市内の病院に入院したと発表した。1週間程度入院する予定で、職務代理者は置かない。市によると、奥山市長は6月30日夕、自宅で突然、背中に痛みを感じたという。



晩年も創作意欲を失わず、長寿を保ったミケランジェロ

 米国ジョージタウン大学の循環器科医Espinelはヘラクレイトスとされる人物の右膝の皮下に黄白色の結節があること、ミケランジェロが尿路結石に苦しんだ記録があることから、これが痛風結節であるという仮説を提唱した。

 痛風はエジプトのパピルスやヒポクラテスの書物にも記載される病である。古代マケドニアのアレキサンダー大王や太陽王ルイ14世、精力絶倫の英国王ヘンリー8世、プロシアのフリードリッヒ大王、東洋では元のフビライ帝や清の皇帝たちが罹患したため、帝王病と言われている。

 1848年にギャロットが痛風と尿酸の関係を指摘し、20世紀になって血中尿酸値が測定できるようになると、その病態が明らかになった。37度の体温で尿酸が6.8mg/dLを超えると過飽和になり、関節や腎臓でpHが下がると結晶を生じて炎症の原因になる。

 核酸が代謝されるとヒポキサンチン、キサンチンを経て尿酸になる。多くの哺乳類では尿酸酸化酵素によって無害な尿素になるが、霊長類では3カ所の突然変異があって活性を消失している。不利な高尿酸血症をもたらす変異遺伝子が広まったのは、尿酸に強い抗酸化作用があり、ビタミンCを生体内で合成できなくなった霊長類が、果物が採れた森林から狩猟採集のために草原に出ていった時、尿酸値の高い個体群のほうが有利であったからという。

 尿酸値が高いと攻撃的な性格になりやすいという説もある。先天的に尿酸値が異常に高いLesch Nyhan症候群では自傷行為を伴う攻撃性が問題となるが、痛風発症の重要な要因は肉食やストレスの多い生活とともに、攻撃的な性格とされる。ミケランジェロは同郷の先輩レオナルドやパトロンであったメディチ家の人々、教皇と度々衝突し、友人の少ない狷介な人物だったというが、それを裏付けるかもしれない。



 尿路結石というのは、要するになんかの理由で尿の通り道に石が出来てしまい、めっちゃくちゃ痛くなる病気です。

 夏になるとなんか尿路結石が多くなるような気がするのはやっぱり脱水が影響あるんでしょうかね。尿路結石はとんでもなく痛いといいますが・・・。

 っちゅーことで、夏に向けて、ちょっと尿路結石についてまとめます。

-----

★下部尿管の結石は、頻尿や残尿感を伴うことが多い。

☆診断の流れ:
まず超音波検査で、水腎症(要するに尿路が詰まって腎臓から尿管が尿でパンパンになる)の有無を確認し、KUBという泌尿器科特有の腹部レントゲン画像と尿潜血で診断を確定する。

Point:小さい結石やレントゲン透過性の結石があるため、レントゲンでうつらないことも多い。診断の確定が困難ならば迷わず単純CTをとる。

☆治療の流れ:
痛みの原因が結石ならば、排石促進薬と鎮痛薬がファーストチョイス!

鎮痛薬について:
1 ボルタレン座薬25〜50mgを6時間ごとに投与。超痛いから。
2 ペンタジン15mgを筋注または静注。超痛いからこういう薬も辞さない。
(痛みが強いならペンタジンを先に使ってもいい)

 でも基本はボルタレンを使う。NSAIDSは尿管を開くから!

鎮痙薬、排石促進薬について:
1 チアトン(10mg)3T3x 毎食後
2 ウロカルン(225mg)6T3x 毎食後

☆両側尿路結石による水腎症や嵌頓による尿閉のときは超ヤバいので緊急ドレナージが必要。泌尿器科コンサルトへ。

大きさの違い
・結石が5mm以下で感染徴候なしならば飲水・運動などの保存的治療で自然排石を期待できる。
・結石が5mm以上ならば砕石が必要となることが多いので泌尿器科へ

☆アスピリン喘息がある人ならばボルタレン禁忌。
☆妊娠末期の患者にも禁忌。陣痛減弱作用があるため。ブスコパンを使う。

★結石に合併する尿路感染に対して漫然と抗菌薬を投与しない。


広告
posted by さじ at 02:54 | Comment(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。