2006年11月23日

ゴルバチョフの頸動脈は8割がコレステロールで塞がっていた

ゴルバチョフ氏が頚動脈手術─脳卒中寸前だった

 タス通信によると、ゴルバチョフ元ソ連大統領(75)のポリャコフ顧問は22日、ゴルバチョフ氏がドイツ南部ミュンヘンの大学病院に入院し、21日に頸動脈の手術を受けたと述べた。術後の経過は順調という。ポリャコフ氏によると、ゴルバチョフ氏は19日にミュンヘンで入院し、検査の結果、右の頸動脈に異常が見つかった。

 ロシア通信によると、大学病院関係筋は23日、同通信に対し、ゴルバチョフ氏が手術前、深刻な容体だったことを明らかにした。頸動脈の8割がコレステロールでふさがっており、脳卒中寸前だった可能性もあるという。

 ゴルバチョフ氏は予定していたイタリア訪問を取りやめ、モスクワの病院に入院したことが18日に判明。同氏が主宰するシンクタンク「ゴルバチョフ基金」担当者は「疲れが出たようで、医者から精密検査を受けるよう勧められた」と述べ、健康に深刻な問題はないとしていた。

 ゴルバチョフ氏は、最近はすぐに疲れると周囲にこぼしていた。また、外国出張の過密スケジュールがその原因と本人も話していたという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 頚動脈の8割がコレステロール……。食生活に問題があったんでしょうか。ゴルバチョフほど多忙な人でしたら、ストレスや生活リズムの乱れという線も十分考えられますが。

関連
医学処 納豆を食べればコレステロールが減る
医学処 エストロゲンは動脈硬化の進行を遅らせる
医学処 勃起不全は冠動脈の疾患の前兆。EDは心疾患の一種か。
医学処 高脂血症薬フルバスタチンが脳梗塞の記憶障害を治す
医学処 卵を控えても、コレステロール値は下がらない。


広告
posted by さじ at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。