2006年11月23日

アメリカでは、新生児の4割の母親が未婚である。

新生児の母、4割が未婚…米の昨年統計

 米国で2005年に生まれた赤ちゃんの36・8%は母親が未婚だったことが、全米保健統計センターのまとめで21日分かった。

 前年の35・8%を上回り、過去最高の割合を記録した。

 統計によると、昨年の新生児は計約414万人。このうち母親が未婚だったのは約153万人で、04年より約6万人多かった。母親の年代別では、10代で8割以上、20代前半で半数以上、20代後半でも3割近くが未婚だった。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 多すぎ。さすがにオープンなお国柄とはいいつつも、果たして。アメリカの凶悪犯罪や人格障害の増加などは、親の影響が少ないとはいえません。むしろ精神的な異常は、先天的なものだけでなく、親によって構築される環境によるところが大きいように思います。まだ解明されてない部分なのでなんともいえませんが。

関連
医学処 母乳で育てた子供は、精神的に安定した子供に成長する
医学処 親が養育できないとした新生児を受け入れる「赤ちゃんポスト」
医学処 妊娠中からキシリトールを摂れば、赤ちゃんの虫歯予防になる
医学処 チェチェンの新生児の3割は四肢の不調や精神障害を持っている
広告
posted by さじ at 00:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小児
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック