2006年11月18日

泥酔してるから様子見→実は脳挫傷で重体だった

出血の男性、救急隊が搬送せず 意識不明に 奈良

 奈良県橿原市の県警橿原署の敷地内で、意識がもうろうとした状態で見つかった男性を、通報で駆けつけた橿原消防署の救急隊員が軽傷と判断し、病院に搬送しなかったことがわかった。男性は帰宅後に意識を失い、運ばれた病院で脳内出血などが判明して手術を受けたが、意識不明の重体。同消防署は18日午前、記者会見し、「判断に誤りはなかった」と説明した。

 橿原消防署などによると、15日午前2時10分ごろ、橿原署の駐車場で同県大淀町の製材業の男性(42)が歩いているのを署の幹部が発見。署内のソファに座らせ、同3時ごろに橿原消防署に連絡した。数分後に救急隊員が到着。男性は当時、泥酔状態で、鼻血と左顔面に擦り傷があったが、痛みを訴えていなかったことや会話もできたことから、救急搬送の必要性は低いと判断したという。

 間もなく駆けつけた男性の家族が病院に搬送するよう求めたが、救急隊員が「軽傷の場合は搬送先を探すのに時間がかかる」「自宅で様子を見たらどうか。何かあれば救急車を呼んで」などと伝えると、家族は納得して連れ帰ったという。

 だが、朝になっても男性が目覚めないため、家族が昼ごろ、地元の消防組合に通報。男性は搬送先の病院で脳挫傷などと診断され、手術を受けたが、意識不明の状態が続いている。男性の父親は「頭を打っているかも知れないから、搬送先を探してくれと何度も懇願した」と憤慨している。

 高橋善康・橿原消防署長は「当時の救急隊の判断は適正だったと考えている」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 難しいっすな。泥酔状態で軽くすりむいた人全員にCTを義務付けるのかどうかという点において。会話もできていたようですし。割り箸事件と同じように、今後の医療を変えていくかもしれない事例だと思います。

関連
医学処 綿菓子の割り箸が脳に刺さった事件を覚えていますか
医学処 割り箸死亡事件で過失を認められたが無罪となった医師
医学処 こんにゃくゼリーを詰まらせた3歳児が受け入れ拒否され死亡


広告
posted by さじ at 18:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 救急
この記事へのコメント
2ヶ月前に酔って倒れて頭の左側をコンクリートに強打しましたが私は記憶が飛んでいます
その翌日から半月くらい毎日鼻血が出て心配しました
今は止まっていますが凄く恐怖でした
強打した左の側面からの左の鼻血で・・・
脳挫傷なのでしょうか?
Posted by ひろみ at 2008年02月04日 19:06
話を聴いた限りですと、脳挫傷の心配はないように思います。どこから鼻出血しているのかはわかりませんが、脳が損傷したわけではないのではないでしょうか。
頭を強打した例ですと、慢性硬膜下血腫が心配されますね。ボーっとしてきたりとか、そういった症状が2,3ヶ月増強するようですと、血腫がある可能性が出てきます。
Posted by さじ at 2008年02月04日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。