2006年11月18日

ベランダや換気扇付近で煙草を吸っても受動喫煙は防げない

ベランダでも防げない受動喫煙

 台所の換気扇の下やベランダに出てたばこを吸っても、家庭内での受動喫煙は防げないとの調査結果を、東大大学院医学系研究科(国際地域保健学)の中田ゆりさんがまとめ、日本公衆衛生学会で発表した。

 一般的なマンションで、喫煙者がいない家庭といる家庭での空気中の粉じん濃度を測定した。

 喫煙者がいない家庭では、1立方メートル当たり0・03ミリ・グラム以下。一方、台所の換気扇の下でたばこを吸った場合、換気扇では排気しきれないたばこの煙が、仕切りのない隣接のリビングに流れ込み、同0・1ミリ・グラムを超える粉じんが測定された。

 ベランダで喫煙した場合は、窓を開けた状態では風向きによって煙がリビングに逆流したほか、約1・5メートル離れた隣家のベランダでも同0・08ミリ・グラムの粉じん濃度が測定された。

 中田さんは、「子どもや家族を受動喫煙から守るためには、ベランダを含め禁煙にすべきだ」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ベランダで吸う時は窓を閉め切らないと。寒い中ご苦労様です。吸わない子供や同居人に罪はないので、受動喫煙防止だけは徹底して下さい。死ぬなら自分ひとりだけでどうぞ、というスタンスで煙草は吸われるべきなのです。

関連
医学処 煙草による死者数が世界で10億人になる計算
医学処 禁煙の禁断症状は、わずか30分で出現する。
医学処 喫煙者は歯周病になりやすいため医療費もかかる
医学処 異性にモテないと気づいたため、若者の喫煙率が激減している


広告
posted by さじ at 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。