2006年11月17日

卵を控えても、コレステロール値は下がらない。

コレステロール、卵控えても下がりません!?

 卵をほぼ毎日食べる人と、週に1〜2日しか食べない人とで、血液中のコレステロール値や心筋梗塞の危険性は変わらないことが、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)の大規模な疫学調査でわかった。

 コレステロール値が高い人は卵の摂取を控えるよう医師に指導されることが多いが、卵は高コレステロール値の“単独犯”ではなく、他の食品にも気を配る必要があることを示す結果だ。

 研究班は1990年と93年に、全国10か所の保健所管内に住む40〜60歳代の約10万人を対象に、生活習慣のアンケートを実施。そのうち1週間で鶏卵を食べる回数と、2001年までにわかった心筋梗塞の発症率、コレステロール値の関連を調べた。

 その結果、コレステロール値が高い人は心筋梗塞の発症率が高い傾向がみられたが、卵を食べる回数とコレステロール値、心筋梗塞の発症率に関連性はなかった

 データを分析した中村保幸・京都女子大教授は「卵をたくさん食べれば、コレステロール値はたしかに上がる。しかし、卵以外からコレステロールをとる機会が増えているため、卵による差が見えにくくなっているのだろう」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 卵以外にも、鶏肉、豚肉、牛肉などに含まれていますんで。肉を食べればコレステロールは増えるわけです。コレステロールを下げたい方は下記参照のこと。

【鳥獣肉食の抑制】
コレステロールを多く含む食物を減らすこと。
動物、特に鳥獣由来の食物は多くのコレステロールを含むので、適量の摂取が求められる。

【吸収抑制の食材】
コレステロールの吸収を抑える食材などを利用する。コレステロールは腸管で吸収される。食物繊維がその吸収を抑える。吸収されたコレステロールは肝臓に運ばれ、体内で合成されるコレステロールと一緒に代謝され、多くは胆汁酸に変化して、胆嚢を経て十二指腸に出てくる。それがまた、腸管で吸収されるが、食物繊維はその吸収も抑制する。残りのコレステロールは血液に乗って全身を回り、利用されるが、過剰な部分が血管壁に沈着して、動脈硬化の原因になる。

【コレステロールの合成抑制】
植物、特に海藻に含まれるステロールなどがコレステロールの体内合成を抑制する。ステロール以外の植物成分もこの体内合成を抑制するので、野菜、ハーブ、果物など植物性食物を大いに利用したい。

【コレステロールの血管壁への沈着抑制】
高血糖を避け、ポリフェノールに富む食品(緑茶、煎茶、紅茶、グァバ、セサミンを含むゴマ製品、ゲンノショウコ、ドクダミ、オオバコなどを含む茶剤など)を摂る。

【善玉コレステロール(高密度HDLコレステロール)の増加】
ショウガを摩り下ろし、味噌汁などに加えて用いる。適量のビールにも善コレステロールを増やす効果がある。

【専門医の診断結果
高コレステロール症には家族性、甲状腺異常、腎臓不全、肝臓不全、血液成分の異常など、現代医療の治療を必要とする場合があるので、専門医師の診断が欠かせない。
コレステロール生合成を抑制する薬物(スタチン類)には高コレステロール血症を改善するだけでなく、ガン予防効果なども認められ始めている。

【漢方薬】
高コレステロール症や高脂血症の症状を軽減するものがある。症状を判断して、それに適合する大柴胡湯、黄連解毒湯、防風通聖散、白虎加人参湯、桂枝伏苓丸、疎経活血湯、八味地黄丸などが有用である。

参考:健康ダイエット

関連
医学処 にきび治療薬アキュテンでコレステロール値と中性脂肪値が上昇
医学処 納豆を食べればコレステロールが減る
医学処 わかめに含まれるフコキサンチンは脂肪燃焼を促進する


広告
posted by さじ at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。