2006年11月17日

中国が外国人向けの臓器移植ビジネスを締め出しに

“移植ビジネス”締め出しへ…中国が外国人向け禁止

 15日付の中国共産党機関紙・人民日報によると、中国の黄潔夫・衛生次官は、中国の医療機関が臓器移植を望む外国の患者を募り、中国国内で手術を行うことを禁じる方針を表明した。

 広東省広州市で14日開かれた臓器移植関係の会合で明らかにした。深刻な臓器不足に悩む国内患者への移植を優先する措置で、国外向け“移植ビジネス”を締め出す狙いがある。

 中国では、医療機関が募った外国人患者を旅行名目で訪中させ、手術を行うケースが横行していると指摘されている。

 一方で黄次官は、「特殊な状況下で、外国人が提出した臓器移植申請は、特定の手続きを経て実施できる」と述べ、外国患者の臓器移植を一部容認する考えを示したが、具体的な条件は明らかにしなかった。

 中国国内では、毎年約150万人が臓器移植を希望しながら、実際に移植を受けられるのは約1万人にすぎないという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 中国国内でさえ、臓器が不足しているというのに、日本人は金にモノをいわせて臓器買いに走っています。正直、同じ日本人として恥ずかしい限りです。いや、患者当人に言っているわけではありません。黙認している政府に対して、です。

 そもそも日本での臓器移植に関する議論が活性化し、具体的にどこまで承認するのかを定めればもっと移植数は増えるはずなんです。それを後手後手でちっとも進まないから、病気腎移植などで事件化するんですよ。もし自分が移植しなければ助からないとしったら、全財産投げ出してでも外国で移植してもらおうとしますよ。本来ならば日本でまかなうべきなんです。

関連
医学処 中国の死刑囚から摘出された臓器に日本人が群がる
医学処 法整備が進んでいないため、外国人の臓器を高値で買い漁る日本人
医学処 中国の闇相場にて、腎臓一個713万円、肝臓は1127万円
医学処 法輪功学習者から臓器を摘出している中国政府に抗議デモ


広告
posted by さじ at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 移植
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。