2006年11月17日

美濃焼の皿から、基準値を超える鉛が検出される

美濃焼から基準超える鉛検出 岐阜県が回収命令

 岐阜県は16日、同県土岐市の陶磁器業「一久」(籠橋兵衛社長)が製造・販売した美濃焼の皿と小鉢2種類から、食品衛生法で定める基準値(5ppm)を超える鉛が検出されたとして、同社に回収を命じた。

 県東濃保健所が今月初めに食器を抜き取り検査したところ、「グレー草紋7.0深皿」から8.7ppm、「赤絵花三足向付」から22ppmの鉛がそれぞれ検出された。この2製品は04年6月から今月にかけて製造、関西、中国、関東地方に計約7000個出荷された。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 該当するお皿を持っている人はご注意下さい。鉛を取りすぎると神経系統に障害が生じる恐れもありますので使用しないようにしましょう。

 ベートーベンも鉛中毒で難聴などを引き起こし、死んだという話です。

関連:医学処 アクセサリーが引き起こす「鉛中毒」とは


広告
posted by さじ at 15:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。