2006年11月16日

174cm40kgのブラジル人モデル、拒食症で死亡

21歳のブラジル人モデル、拒食症で死亡-ブラジル

 拒食症が原因となり、21歳のブラジル人モデルが死亡していたことが15日水曜日に、判明した。翌日の水曜には撮影のためにパリへと出発する予定だった。死亡当時アナ・カロリナ・レストン(Ana Carolina Reston)は、174cmという身長にもかかわらず体重が40kgしかなかったという。

 レキップ(l'Equipe)というブラジル(Brazil)のモデル事務所に所属していたレストンは、死亡の3週間前に腎不全で病院に運び込まれていた。彼女の叔母は「極度の衰弱によって抵抗力が失われ、薬も全く効きませんでした」と語った。

 13歳からモデルをはじめたレストンは、日本、メキシコ、中国、トルコなどの国々で仕事をし、キャリアを積んできた。

 拒食症は、無理な食事制限などの摂食障害により時に死に至ることもある病気だ。これに反対し、9月にマドリードのファッションショーでやせすぎモデル禁止例がでた矢先の出来事だった。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 痩せすぎ…。モデルという職業上、痩せていればいるほど良いのでしょうが…それにしても…。

 動物の生の源は「食」ですからね。食べること以外に栄養を吸収することはできないんですから、もうちょっと食のありがたみを覚えましょう。

関連
医学処 26人の死者も出ている「子供の拒食症」が激増
医学処 食欲を抑える蛋白質「ネスファチン1」を発見。
医学処 非常にスレンダーなキーラ・ナイトレイは拒食症?
医学処 命の危険があっても痩せたいと願う思春期やせ症を追う


広告
posted by さじ at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。