2006年11月16日

酷いにきびに悩む10代は、自殺願望を抱くほど鬱症状を呈する

ニキビと自殺願望の関連性

 ひどいニキビに悩む10代の若者の3分の1に自殺願望があり、その10分の1が自殺未遂を図っていたことが、調査の結果判明した。

 ニュージーランドで9570人の高校生を対象に実施された大規模調査で、肌の状態、不安感、うつ病、自殺の関連性が調査され、調査結果がAustralasian Journal of Paediatrics and Child Health(小児科学&小児保健オーストラリアン・ジャーナル)で発表された。ニキビに悩む子供の24%がうつ症状を報告しており、9%が不安を感じているという。

 オークランド大学のPeter Watson(ピーター・ワトソン)博士は、「肌の病気と精神面の健康との関連性への認識はますます高まっている。アイデンティティーを確立し、自尊心を育てる過程にある高校生は、にきびによって精神的なダメージを受けやすい」と語った。この調査結果により、ニキビに悩む若者が患者の場合、医師は患者の不安感、自殺願望、行動について観察することが極めて重要であることが分かったと同博士は語った。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 オーストラリア人も大変ですが、日本でも同様に悩んでいる人は多いはずです。思春期の通過点のような扱われ方をしていますが、酷いニキビ(にきびの医学名称は「尋常性ざ瘡」といいます)の人ですと、一日中そのことについて悩んでいたりしますから。そりゃ鬱気味にもなろうってものです。

 まず市販のものをあれこれ試すより、皮膚科で薬を貰うのが一番ではないかと思います。市販の情報を鵜呑みにするが、ろくに効かない、ので更に高額なものを買う、でもやっぱり効かない、ストレスが溜まり余計にニキビが酷くなるといった悪循環に陥る可能性も。ニキビ跡を残さないためにも皮膚科へ。あとは根気よく通い続けることです。いくら薬があっても、生活態度が酷ければ治るものも治りませんから。

関連
医学処 大人にきびの治療薬をライオンが開発
医学処 アロエヨーグルトを食べるとニキビや毛穴の黒ずみが改善
医学処 にきび治療薬アキュテンでコレステロール値と中性脂肪値が上昇


広告
posted by さじ at 02:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
私が説明する以前に東大の皮膚科の吉村先生の治療法は多角な視点に構造学的で書物にて妹のニキビこの先生の方法だったら楽だっただろうと本気な心通じてか医学的内容にて共感してか妹まで医学に興味を持ち私の困った時に確実性高い情報源を提供してくれる今日です
Posted by みか at 2010年05月10日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。