2006年11月16日

うつ病に効果的なオメガ3脂肪酸はイワシや鮭に含まれている

鮭、イワシがうつ病に効果的

 シドニー大学の栄養学者による最新の研究報告によれば、栄養補助食品を取り入れた療養方法の中で、魚油を食生活に取り入れることがうつ病の治療に最も効果的だという。

 オーストラリアのNutrition & Dieterics誌に掲載された報告書によると、ビタミンB6 とB12、葉酸、S-アデノシル・メチオニン、そしてトリプトファン必須アミノ酸が、うつ病の症状改善に貢献する可能性がある。しかし、うつ病の食事療法として最も効果的なのはオメガ3脂肪酸。オメガ脂肪酸は、鮭、イワシ、サバなどの魚や、一定種の穀物またナッツ類に含まれる。

 同研究のリーダーを務めたDianne Volker(ディアン・ボルク)博士は、「この研究で、オメガ3多不飽和脂肪酸を食事療法に長期的に取り入れることによって、うつ病から回復できる可能性があることが分かった。これは、心理社会学的、また薬理学的な治療方法を受けるうつ病患者達にとって大変意味のある発見だ」と語った。

 豪国内では5人に1人が、一生の中どこかでうつ病にかかっていると言われている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 最後の一文でどうも胡散臭さが増していますが、魚の栄養が身体に良いのは事実です。身体に良いということは、短絡的に考えてしまえば、精神を司る脳内物質にも良いということです。まずきちんとした食事、そして生活態度。これでうつ病予備軍も悪化を防げるかもしれません。

関連
医学処 魚を食べるリスクよりも、身体に良い効能のほうが上回る。
医学処 うつ病が増加傾向。精神疾患に対する理解を。
医学処 日本ではアメリカの10倍の抗不安薬が処方されている


広告
posted by さじ at 02:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。