2006年11月15日

インスリン注射針、B-Dマイクロファインプラスを自主回収

輸入のインスリン注射針、2400万本自主回収へ

 医療機器製造販売会社「日本ベクトン・ディッキンソン」(東京都港区)は14日、糖尿病患者向けのインスリンの注射針「B―Dマイクロファインプラス」について、詰まって薬液が出ないとの苦情があり、10月中旬以降に出荷された約2400万本を自主回収すると発表した。

 健康被害の報告はない。

 アイルランドから輸入され、全国の医療機関や薬局などに出荷されている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 最近の糖尿病治療に用いられるインスリン注射針はホント細くて。刺しても痛みを感じないレベルだとか。B―Dマイクロファインプラスも痛み軽減を追求したようですが。使えなければ仕方ないですね。難しい。あっちをとればこっちが駄目に。

 糖尿病関連でもう1つ。

小倉智昭の「明るい糖尿病生活」

 人気キャスターの小倉智昭(59)が14日、都内で行われた糖尿病に関するイベントにゲストとして出席した。世界糖尿病デーにあたり、米製薬会社がインスリン療法を50年以上続けている患者を表彰するもの。20年以上前から糖尿病を患い、同療法を続けている小倉は「糖尿病は友達」と明るい闘病ライフを語った。

 フジテレビ「とくダネ!」(月〜金曜前8・00)などテレビ4本、ラジオ1本のレギュラー番組を抱える小倉が、糖尿病と付き合いながらの売れっ子ライフを語った。「第4回リリー インスリン50年賞」(主催・日本イーライリリー株式会社)の表彰式でスピーチしたもので、「父も母も糖尿病。インスリンで家族の絆が結ばれている」などと話し、集まった患者やその家族ら約60人をなごませた。

 糖尿病であることが分かったのは20年ほど前。テレビ番組の企画で血糖値を測ったことがきっかけで、医師から「間違いなく糖尿病です。あす病院に来てください」と宣告されたという。「以前、トイレで隠れるように注射をしていたら(ネット上の)掲示板で“麻薬を打っている”と書かれた」との笑えない!?エピソードも披露。

 司会者やアナウンサーはストレスがたまるので糖尿病になりやすいとも指摘し「皆さん、言いませんが、血糖値の高い司会者は結構いますよ」と“暴露”。「糖尿病じゃないと名司会者じゃない」と笑わせた。

 今でも週に1度はゴルフに行くなど、趣味、仕事とフル回転で毎日を楽しんでいる。酒もたばこもやめ、人生の楽しみは「ゴルフとコーヒー」とし「糖尿病を治療しないといけないとか、闘わないといけないという気持ちはない。友達だと思って付き合ってますよ」と、前向きな糖尿病ライフを提案した。

関連
医学処 ウイスキーの樽成分に、糖尿病を予防する作用
医学処 携帯電話を用いれば糖尿病患者の血糖値を把握できる
医学処 1型糖尿病の治療としてES細胞を膵臓細胞にして移植する技術
医学処 衝撃波で糖尿病や高血圧のリスクが増加


広告
posted by さじ at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。