2006年11月12日

無精子症でも新技術で取り出せば出産率が25%にも上昇する。

無精子症:良好な精子細胞選び出産率アップ 北九州の医院

 受精するのに十分な精子を作れない無精子症の男性から取り出した精子細胞(精子になる手前の細胞)の組織を、酵素でバラバラにほぐした状態で凍結し、顕微授精させると、従来数%とされていた出産率が約25%に上がることが、北九州市のセントマザー産婦人科医院(田中温院長)の治療成績で分かった。10日に大阪市で開かれた日本生殖医学会で発表した。

 日本の成人男性のほぼ100人に1人が無精子症とされている。中でも精子が少なく深刻な「非閉塞性無精子症」の男性が子どもを望む場合、精巣の組織を手術で採取し精子や精子細胞を見つけている。だが、この方法で見つかった精子などによる出産率は低く、数%程度とされてきた。組織を塊のまま観察していたため状態の良い精子などを選ぶことが難しかったほか、塊のまま凍結すると不均一な状態になり、解凍後に精子などが壊れやすいのが原因だった。

 同医院は、精子より精子細胞の方が形態異常などの比率が低いうえ、凍結・解凍後も壊れにくいため、妊娠・出産率が高くなる性質に注目。精巣の組織を酵素を混ぜた液体に浸し、細胞一つ一つをバラバラにする方法を編み出した。液体をそのまま凍結して解凍後、状態の良い精子細胞だけを選び出し、卵子と体外で顕微授精させた。その結果、00年1月から06年8月までの間に、623組の夫婦のうち158組が出産に成功した。

 田中院長は「状態の良い精子細胞を上手に選び、バラバラにした状態で凍結することで妊娠・出産率が大幅に上がった。夫の精子での出産をあきらめて第三者の精子を使うしかなかった夫婦にとっては希望をつなぐ治療方法。無精子症で出産をあきらめた人の3〜4割は、もう一度チャレンジできると思う」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 こりゃすごい。無精子症のカップルにとっては朗報です。今までの10倍近い妊娠率を誇っています。しかし大学病院などではなく、セントマザー産婦人科医院だけでしかやっていないのでしょうか。全国的に普及すれば不妊治療で悩み苦しむ人の支えになると思います。

 不妊治療に関して、日本は未だに精神病と同じくらい偏見に満ちていると思います。特に家族からの重圧に耐えねばならないのは非常につらいことです。どうか理解の程を、宜しくお願いします。

 【無精子症】

 男性の精液中に精子が存在しない状態で、不妊症の原因となる。精子は精巣で正常に作られるが、排出経路が邪魔されて精液中に出ない「閉塞性無精子症」のほか、精巣で精子を作れない「非閉塞性無精子症」がある。非閉塞性無精子症は遺伝的な要因のほか、薬や病気による精巣障害で起きることもあり、手術で精巣から精子を採取しないと受精ができない。

関連
医学処 不妊治療に鍼治療を導入したところ、大幅に効果改善あり
医学処 ミトコンドリアの異常で、男性不妊が引き起こされる
医学処 【読み物】みんな、不妊の人の気持ちを考えて


広告
posted by さじ at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生殖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。