2006年11月08日

HIVを減らす「遺伝子治療」実験が好成績を挙げる

エイズ患者に朗報 遺伝子治療好成績

 エイズウイルス(HIV)の増殖を邪魔するウイルスを作り出して患者に注入し、体内のHIVを減らすことに成功したと、米ペンシルベニア大などの研究チームが6日発表した。初の遺伝子治療の成績で、近く米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

 この治療用ウイルスは、ベンチャー企業「バークシス社」(メリーランド州)が開発した「VRX496」。HIVから病原性につながる遺伝子を除去し、代わりにHIVのたんぱく質合成を邪魔する「アンチセンス」という遺伝子を組み込んである。

 チームは、何種類もの抗ウイルス薬治療に失敗した患者5人から、HIVの標的となる免疫細胞「CD4」を取り出し、VRX496を感染させて増やした後、各自の体内に戻した。

 その結果、5人中4人は1年後の時点でCD4の数が増えており、このうち3人はHIVが減少した。今回は、VRX496の安全性を確かめるのが目的。さらに、多数の患者を対象に臨床試験に入っている。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 お、こりゃ凄い。薬での増殖抑制が効かなかった人にとってはまさに命をつなぐ技術となりそうです。遺伝子治療も現実味を帯びてきましたねぇ。うまくいけば完治もありえるかもしれないだけに期待は高まります。

関連
医学処 HIV感染者全国第2位は意外にも長野県。6割がAIDS発症で発覚
医学処 民間からエイズ予防財団国際課主任となった柏崎正雄氏
医学処 献血した人のHIV陽性率が過去最悪に


広告
posted by さじ at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。