2006年11月04日

WHOがツボの位置を世界基準として決定する

ツボ統一、教科書変更も

 世界保健機関(WHO)は1日、茨城県つくば市で開いた国際会議で、はり・きゅうで使われる361か所のツボの位置を統一する世界基準を決定した

 国内で用いられている教科書とは約40か所が異なるため、教育内容も変更されることになりそうだ。

 ツボの位置は各国ごとに微妙に異なり、効用の国際比較などで混乱があったことから、WHOは2003年から日本、中国、韓国を中心にして統一基準の策定に取り組んできた。

 今回の国際会議には、日中韓をはじめ計9か国が参加。最後まで議論が分かれた6か所のツボについては、投票で決着をつけた。採用されなかったツボの位置も参考として付記する。

 WHOは、今回決まった世界基準に基づき、ツボの効用などを検証する。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ツボの位置を投票で…。効果の信憑性が薄れてしまうような気もするのですが。まあ根拠のアバウトなことですから、どちらが効くのかはその国その国によって違うでしょうね。だって決められたところ以外のツボは押してないわけですし。

 ま、今回統一されたんで、あとは経験則。「やっぱり効かないじゃないか」という話になれば微妙に変えていけばいいでしょう。

関連
医学処 今使っている背中のツボの位置は全部間違い
医学処 仙腸関節への鍼治療で、血糖値や血圧を改善する


広告
posted by さじ at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。