2006年11月04日

精神科に入院させたことに腹を立てた元患者が自宅に火をつける

父親殺害しようと自宅に放火 息子を逮捕

 埼玉・幸手市で28日未明、自宅に火をつけて父親を殺害しようとしたとして息子が逮捕された。

 逮捕されたのは、幸手市に住む無職の男(29)で、28日午前1時30分過ぎ、両親が寝ている自宅に火をつけて父親(68)を殺害しようとした疑いが持たれている。火は自宅など約45平方メートル焼いて消し止められた。この火事で、父親は頭に軽いヤケド、母親はノドにヤケドをしたほか、一酸化炭素中毒で重傷。

 男は数年前に精神科の病院に入院していたとみられ、調べに対し、「入院で嫌なことがあった。入院を承諾した父親が憎く、殺そうと思った」などと話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 難しいところですね。精神疾患とは付き合っていかなければならないわけですが、バランスが崩れて自分自身を受け入れられなくなってしまうと、このような悲劇に繋がるわけです(まあその割合はとても低いものではありますが)

関連
医学処 精神科を退院した患者が、翌日に凶器を持って現れる
医学処 精神科の急性期病棟設立。重症患者を中心に治療
医学処 強迫性障害をカミングアウトしたベッカム


広告
posted by さじ at 02:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。