2006年10月30日

会津中央病院で受付案内ロボットを導入

会津中央病院で受付・案内ロボット導入式

 会津若松市の温知会会津中央病院(南嘉輝理事長)の世界初の「受付・案内ロボット」の導入セレモニーは28日、院内の特設会場で行われた。

 武市和之院長とロボットを共同開発したテムザック(北九州市)の高本陽一社長があいさつ、来賓の菅家一郎市長、加藤道義会津若松医師会長がお祝いの言葉を贈った。

 受付ロボットは内蔵されたタッチパネルの操作で、目的地までの経路をスクリーンに映し出し、会津弁の質問にも答えた。案内ロボットは、手荷物を運び「荷物のとり忘れに注意してください」と話すなどそれぞれの機能を紹介した。

 同院は患者らの利便性向上や案内業務の効率化、待ち時間も患者らに楽しく過ごしてもらおうと、合計3台のロボットを導入した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 これは便利かも。意外とロボットのほうが便利な雑務ってありますからね。道案内とか注意とか。

関連
医学処 親と離れて入院中の子供に、会話ロボット「翔ちゃん1号」を
医学処 車椅子の男性を背負って登山もできる筋力増強スーツを開発
医学処 触診で声を出す患者ロボ誕生。OSCE対策に有効か


広告
posted by さじ at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。