2006年10月30日

タミフル服用と異常言動には関連がないことが証明される

異常言動との関連みられず タミフルで厚労省研究班

 インフルエンザ治療薬タミフルの服用後に、子どもが異常な言動を見せ交通事故死も報告されている問題に関連し、厚生労働省研究班(主任研究者・横田俊平横浜市立大教授)は29日までに、タミフル服用と異常言動の間に関連はみられなかったなどとする調査結果をまとめた。

 研究班は、12都県の子どものインフルエンザ患者約2500人を対象に、治療薬の種類と異常言動の有無などについて、医師や患者の家族へのアンケートを実施した。

 患者の約9割がタミフルを服用していたが、異常言動がみられたのは服用者の11・9%。一方、タミフルを服用しなかった患者で異常言動があったのは10・6%で、統計的な差はなかった

 横田教授は「今回の結果からは、タミフルと異常言動との間に関連性はないと言える。しかし調査はまだ十分ではなく、今後はタミフルを服用した時間や異常言動が起きた時間なども調べ、関連の有無をさらに調査したい」と話している。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 確かにこのデータをみると統計的な差はありませんね。しかしこの異常言動ってどんな具合なんでしょうかね。インフルエンザによる朦朧とした状態で発せられた言葉のことでしょうか。

関連
医学処 転落死した中学生は風邪気味でタミフルを服用していた
医学処 タミフルの服用が原因で死んだかもしれない2例が報告される
医学処 タミフル被害者の会を結成。異常行動により死んだ遺族など
医学処 タミフルが先か、北大の新型ワクチンが先か


広告
posted by さじ at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。