2012年04月12日

アスペルガーやADHDなどの発達障害の大学生が増加中

ひきこもり 仲間と克服

 真新しいスーツを着た新入生でにぎわうキャンパス。保健管理センターの一角にある「アミーゴの部屋」では、学生らが陣取りゲームに興じていた。「こんなのありえない!」。男子学生が声をあげると、室内に笑いが満ちる。4月5日、和歌山大学(和歌山市)での光景だ。

 アミーゴは、スペイン語で「心を許せる仲間」の意味。同大の「アミーゴの部屋」は、ひきこもりを乗り越えて外出が可能になった学生の居場所のことだ。ゲームなどのレクリエーションだけでなく、対人スキルを磨く集団精神療法なども行われる。

 30年前から不登校やひきこもりの学生の支援に力を入れてきた同大では2002年、それまでの蓄積を基に、「ひきこもり回復支援プログラム」を開発した。その中心にあるのが自助グループ「アミーゴの会」の活動で、当時、問題となり始めていた発達障害による学生生活への不適応にも有効とされた。

 同じ悩みを乗り越えた先輩学生が、メンタルサポーター「アミーゴ」として、ひきこもる後輩を訪問し、修学や人間関係などの問題解決を支援する。「キャンパス内の居場所で仲間を作り、安心感に支えられて成功体験を重ねることが学業復帰への近道となる」と、プログラムの開発者で3月まで同センター所長だった精神科医の宮西照夫教授(当時)は説明する。

 こうした支援により、学生の9割が半年以内に外出可能になるという。大学を休学中のある男子学生(24)は、「アミーゴは、いてくれるだけでほっとする存在。前に進もうとしている人たちなので、元気ももらえる」と話す。

 10年には、3人の「アミーゴ」を非常勤職員として採用した。その一人、瀧口穂高さん(26)は、発達障害の診断はないものの、物事をできるか、できないかで決めつけてしまう部分がある。卒業研究でつまずいたのがきっかけで、3年の後期から授業に出られなくなった。

 就職活動も重なって精神的に落ち込み、体調を崩した。休学と復学を繰り返して中退したが、同センターに通うようになり、アミーゴの会に参加。少しずつ回復し、今では同じ悩みを抱える後輩たち約50人を支える立場に回っている。「悩みを抱えているのは自分だけではないと分かり、気持ちが楽になった」と振り返る。

 とはいえ、メンタルサポーターであること自体が、社会に出る前の猶予期間。別所寛人・同センター所長は、「ゆくゆくはここを巣立ち、社会に出てほしい」と話す。そんな期待に応えようと、瀧口さんは今、児童福祉の仕事を目指して大学の通信課程で学んでいる。

 発達障害がある学生が増えている。日本学生支援機構が全国の大学などを対象に実施した実態調査によると、2011年5月1日現在、発達障害の診断書がある学生は、298校に1179人が在籍していた。診断書がなくても、発達障害と推察されて教育的配慮が行われている学生も、2035人おり、診断書のある学生の約1.7倍に上った。

 大学入試センター試験では11年から、特別措置を申請できる障害種別に、発達障害が新たに加わった。申請が通れば、試験時間の1.3倍延長、拡大文字問題冊子の配布、別室受験などが認められる。11年は95人、12年は135人が特別措置を申請し、発達障害がある受験生への門戸は広がっている。

 07年度から特別支援教育が本格的に始まった小・中学校と高校では、特別支援教育コーディネーターの配置や、個別の指導計画の作成などを通して、一人ひとりの教育ニーズに応じた支援が進んでいる。「大学全入時代」の到来で入学生が多様化するなか、こうしたサポートを経て進学してくる学生をどのように支えていくか、大学の対応が急がれている。

 発達障害 知的発達の遅れを伴わない発達の遅れのこと。脳機能障害とされている。読み書きなどの習得が困難な学習障害(LD)、衝動的に行動しがちな注意欠陥・多動性障害(ADHD)、対人関係が苦手な高機能自閉症などがある。2007年に学校教育法が改正され、従来の特殊教育では含まれなかった発達障害の子も対象とする特別支援教育が本格的に始まった。



 必然、だと思いますね。

 日本で一番の難関といえば東京大学ですけれど、その中でも最高峰は東大理3と言われています。

 ですが、理3の学生の中に発達障害はかなりの割合でいます。何故?と疑問に思う方もおられるかもしれませんけれど、そもそも、ですよ、遊びたいざかりの小学校中学校時代に、勉強一筋で耐えられるってのは、ある意味異常だと思いませんか。

 もちろん理3の中には、本当に頭の回転が早くて、遊びながらでも余裕で受験を乗り越えられる人も大勢います。ですが、努力で勝ち取った人、というのは、本当に、涙ぐましいほどの努力をしているのです。

 まぁここは医学処なので医学部に関していわせてもらえば、医学部という医師養成機関であっても、ご多分に漏れず発達障害は多い。何故か。それは医学部が受験勉強の偏差値でいうと高いところに位置するからです。受験戦争を乗り越えよう、他者より点数を多く取ろうというのはまぁ受験生にとっては自然なことですが、それを小学生の頃からやり続けるというのは、良い言い方でいうと集中力が高い、悪い言い方でいうと1つのことに傾倒してしまい評価尺度がそこにしかなくなる。

 ですが、あえて言いたいのは、発達障害であっても、医学部にいくというのはある意味適応できるんです、そこがポイント。たとえば発達障害で、東大に入って、理1や文1に入って、エリートコースを進もうとしますよね。それで企業や官庁に入ると、今度は他者とのコミュニケーション障害が露呈してしまい、不適応を起こします。ですが、医師、特に麻酔科や放射線科のような「患者とあまり関わらない」「スキルさえあれば自分1人で何でもこなすことができる」職場というのは、発達障害にとっては不適応を起こさずに過ごせる快適な環境なのです。


広告
posted by さじ at 22:09 | Comment(0) | 循環
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。