2012年03月27日

3D画像にした乳癌診断システムで乳癌診断の精度向上へ

乳がん診断、3D画像で…精度向上に期待

 富士フイルムは21日、マンモグラフィー(乳房エックス線撮影)の画像を3D(立体)で表示する診断システムを世界で初めて発売すると発表した。診断の精度向上や診察時間の短縮が期待できるという。

 新システムは、同社製のがん検査用エックス線撮影装置を使って乳房を2つの角度から撮影する。専用の高精細モニターに画像を映すと、立体的に検診できる。26日に発売し、価格は1500万円。

 2次元型のマンモグラフィーでは、乳腺としこりの重なりを判別するのが難しく、画像分析にも時間がかかるため医師の負担も大きかったという。富士フイルムは、医療事業を強化しており、オリンパスに対して資本・業務提携を提案している。



 これで見落としがなくなり、いわゆる「鑑別」が容易になるのでしょう。技術の進歩で乳癌予防、大事ですね。


広告
posted by さじ at 02:38 | Comment(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。