2012年03月22日

睡眠薬の服用で寿命が縮まるかもしれない。

睡眠薬で早死リスク増大の恐れ、米研究

 一般的に処方される睡眠薬の服用で早死リスクが4倍以上高まる恐れがあるとする米国の研究が、2月27日のオンライン医学誌「BMJ Open」に発表された。睡眠薬を多用すると、がん発症リスクが35%増加する可能性も示されたが、理由は不明という。

 米カリフォルニア(California)州にあるスクリップス研究所(Scripps Clinic)の医師のチームは、一般的に処方されているベンゾジアゼピン系、非ベンゾジアゼピン系、バルビツール酸系の睡眠薬および鎮静剤を対象に、米ペンシルベニア(Pennsylvania)州内に住むこれらの処方を受けている平均年齢54歳の成人1万500人以上と、いずれの薬も飲んでいない同世代の成人2万3600人以上(対照群)の2年6か月分の医療記録を比較した。

 期間中に死亡した人数は両グループとも比較的少なく計1000人未満だったが、死亡率には大きな開きがあった。年間18回〜132回分の睡眠薬を飲んだ人の死亡率は対照群の4.6倍、年間18回分未満でも3.5倍以上だった。

 それぞれの死因は公表されておらず、論文はこの結果について、統計的な関連性が見出されただけで原因は分からないと指摘。ただ、これらの睡眠薬の服用者がかなり多いことから、注意を促している。



 日本もやたら睡眠薬だしますからねぇ。ひとつは「眠れないと訴える人」が外来に来ると、睡眠薬を出さざるをえないということ、そして眠れない人も「眠れない」ことにこだわりすぎることが挙げられます。

 まぁ普通、ちゃんとした精神科医が処方していれば、そこまで命に関わることはないと思うんですけれどもね。いや、実際は日本でも統計とったら寿命に関わっているのかもしれません。

 不眠治療の基礎は、生活リズムを整えることと、運動することとですから。まずそれを1ヶ月ぐらいやって、眠れないようなら精神科へ。


広告
posted by さじ at 01:51 | Comment(0) | 精神
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。