2012年03月21日

金沢医科大学が医師国家試験合格率で金沢大学を追い抜かす。

金沢医科大が金大逆転 医師試験合格率

 厚生労働省が19日発表した第106回医師国家試験の結果で、金沢医科大の合格率( 既卒者含む)が90・1%と過去最高を更新し、金大医学部の89・0%を上回った。合格率で金沢医科大が金大を超えたのは、少なくとも過去20年で初めて。金沢医科大は、 合格者数と新卒者のみの合格率でも金大を上回った。金沢医科大は6年生と教員・研修医の接点を増やす医局を2010年に新設するなど合格率アップに取り組んでいた。

 金沢医科大の合格率は過去10年、80%台が5回、70%台が5回。05年には74 ・8%で全国最下位となるなど「最下位グループの常連」(関係者)となっていた。これ に対し金大は11年の93・1%をはじめ90%台が4回、80%台が6回で、全て金沢医科大を上回ってきた。合格者数も、金沢医科大は127人と金大の97人より30人多 かった。

 新卒者の合格者数と合格率は、金沢医科大が107人(合格率93・0%)、金大が9 3人(同92・1%)となり、いずれも金沢医科大が金大を上回った。

 金沢医科大は10年、医師国家試験の合格率アップを目指し、教育環境の整備を開始。 医師同士のコミュニケーションで知識が深まる医局の特性を生かして「スチューデント・ ドクター医局」を同大病院本館5階に新設し、国家試験対策委員会を7年ぶりに設けた。

 金沢医科大の勝田省吾学長は「この結果は学生の努力のたまもの。医師不足という状況 の中、患者のためにますます頑張ってほしい」と話した。



 何という嬉しそうな記事。。。

 まぁ金沢の2つの大学が、どちらも伸びればいいんでしょうけれども。切磋琢磨してライバル化しつつ金沢の医療を守る方向でタッグ組んでくれれば、かなり良い関係が築けるんでしょうけれどねぇ。今回は、しっかり考えて国家試験対策をした金沢医大が勝ったということで。


広告
posted by さじ at 01:04 | Comment(8) | 大学
この記事へのコメント
あ○私立が合格率上げるために国試に落ちそうな学生を卒業させないのは昔から全国的にある話ですが?留年させずにこれならすごいけど、そうではないんでしょう?
Posted by とおりすがり at 2012年03月21日 19:47
まぁ捉え方は人それぞれですね。金沢は2人、金沢医大は13人です。金沢の受験者は101人、金沢医大の受験者は115人なので、判断難しいところですけどね。
Posted by さじ at 2012年03月21日 22:46
金沢大は金沢医大をライバルだなんて思っていないでしょう。
例え国試合格率で負けたとしても、金沢大医学部の方が金沢医大より優秀なのは明らかです。
Posted by 匿名 at 2012年03月25日 16:11
かっけー(棒読み
Posted by at 2012年03月26日 01:31
合格者数は金沢医大の方が毎年多いようです。
金沢は優秀でしょうが、入試でも金沢医大で不合格でも田舎の国立なら受かりますよ。
Posted by 匿名 at 2013年02月13日 22:45
>入試でも金沢医大で不合格でも田舎の国立なら受かりますよ。

そんなわけないなwww
Posted by 金沢 at 2013年03月21日 05:27
そんなわけはあるんですよ。ま、毎年わずかですが。
Posted by at 2014年01月28日 15:49
知人の息子が、帝京大学に落ちて、福井大学医学部に合格しました。
こんなことって、本当にあるのですね。
Posted by at 2014年03月21日 10:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。