2012年03月05日

聖マリアンナ医科大学の耳鼻科助教が研修医に殴る蹴るの暴行を行う。

「別の科に入局しようとした」 助教が研修医に約30分間暴力 聖マリ医大が諭旨退職処分

 川崎市宮前区の聖マリアンナ医大で、耳鼻咽喉科の男性助教(39)が男性研修医(28)に殴る蹴るなどの暴力を振るったとして諭旨退職の処分を受けていたことが28日、病院への取材で分かった。研修医は全身打撲などで2週間のけがをした。

 助教は「耳鼻咽喉科に入局すると約束していたのに、別の科に入局しようとしたことに腹を立ててやった」と暴行を認めており、27日付で退職した。

 病院によると、助教は6日正午ごろ、耳鼻咽喉科の医局に研修医を呼び出して約30分間、罵声を浴びせて殴る蹴るなどの暴行を加えた。

 研修医がその日のうちに病院側に相談し発覚。その後、教授会はいったん懲戒解雇処分を決めたが、寛大な処分を求める嘆願書などを考慮し、諭旨退職とした。



 アフォすぎる。医局は確かに体育会系のノリですけど、それを考慮しても実際にこういう暴力事件を起こすようなところはろくなところじゃありませんね。

 血液内科、いいじゃないですか。個人的に、血液内科に興味を持ってその道に進む医師は他の科よりも真剣度が高くて好きですね。絶対に必要な領域ですし。

 裏話をすれば、聖マリアンナ医科大学の空手部は、何年も前からとんでもなく最悪なところだと聞いたことがあります。体育会系を勘違いしたシゴキのようなものが医学部で行われているとか。そういう悪しき伝説は、案外広まってしまうものですね。真偽の程は、お近くの空手部に聞いてみて下さいな。


広告
posted by さじ at 01:53 | Comment(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。