2006年10月16日

わがままな患者に悩む医療従事者向けの電話相談が始まる

暴言受ける医師や看護師、悩み聞きます・患者団体が電話相談

 「医療従事者の悩み、患者団体が相談に乗ります」。患者の無理な要求や暴言に悩む医師や看護師が増えているため、患者相談に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)が14日から、医療従事者向けの電話相談を実施する。NPO側は「『患者不信』は患者にとっても好ましくない。医師、看護師らの声に耳を傾け、信頼関係を築くのに何が必要かを考えるきっかけにしたい」としている。

 電話相談を実施するのは「ささえあい医療人権センター」(COML、大阪市)。1990年8月から患者向け電話相談を始め、これまでに約3万8000件余の相談を受け付けてきた。

 COMLの山口育子事務局長によると、数年前から、この電話相談に医療従事者からの相談が寄せられるようになり、年々増加。最近では全体の約2%を占めるようになったという。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 患者はわがままです。わがままでいいんです。病気の人がわがままになるのなんて当たり前、どんな聖人でも我儘に振舞います。医療従事者は尽くす立場なんです。そんな患者に激昂してはいけません。まず患者を「理解すること」です。

 でも容易じゃないんですよね。医者もまた、聖人ではありませんから。でも良い医者ほど、患者とうまくやろうとするものです。でも患者が心を開いてくれない。どうすればいいのか……。

 そんな医者の駆け込み寺が誕生しました。私は「医療従事者は、無用なプライドを持ってはいけない」と思っています。常に教えを乞う姿勢、人の意見に耳を傾ける姿勢がなければ、医療行為など行えません。医療従事者は投げ出すことができませんから、こういった場所で「助言」を得ることも大切だと思います。気軽に。


広告
posted by さじ at 03:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。