2006年10月12日

メスの尿の性フェロモン「キヌレニン」はオスを興奮させる

サクラマス:成熟雌の尿に性フェロモン 微量でも雄反応

 東京大や独立行政法人・水産総合研究センターなどの研究グループは、サケ科サクラマスの性行動を促す性フェロモンの正体を、成熟した雌の尿に含まれるアミノ酸の一種「キヌレニン」と特定した。コイ科の研究から魚類のフェロモンは長年、生物の成長を左右するホルモンと考えられていただけに貴重な発見で、生物の繁殖の仕組み解明に役立ちそうだ。10日付の米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

 サクラマスは雌が秋の産卵期を迎えると、数匹の雄が胸ビレを激しく動かし集まってくる。研究グループが雌の排出した物質と雄への影響を分析したところ、雄が最も反応する物質がキヌレニンで、未成熟の雌の尿にはほとんど存在しないことが判明した。一方、成熟した雄のきゅう覚は成熟前に比べてキヌレニンへの感度が10万倍も高く、25メートルプールにメスが1回排尿(2ミリリットル)すれば、においをかぎわけられるほど敏感になっていることも分かった。

 山家秀信・東大研究員(現・琉球大研究員)=魚類行動生理学=は「キヌレニンはヒトを含め、ほ乳類などの尿にも存在している。今後、他の生物でのキヌレニンの役割を探るとともに、サクラマスの養殖にも役立てたい」と話す。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 なんかこう、妙にエロティック。サケ科の魚って、メスが産んだ卵にオスが精子をぶっかけることで受精が起こるんでしたっけ?だとするとサクラマスも例外ではないということでしょうか。ほんの少しだけの尿の中に含まれるキヌレニンがオスを興奮させ、性行為を行う。うーん、やっぱりホルモンって凄い。

 いや、ホルモンではないんでした。フェロモンというのは、体内で作られた物質を外に分泌して、他の生物に作用を及ぼすものです。ホルモンというのは体内で作られて、その生体内で作用を及ぼす物質のことを指します。ですから、「環境ホルモン」という物質、あれは実はホルモンではないんです。「環境中に存在する、ホルモンのような働きを起こす物質」の略であって、正しい名称は内分泌攪乱物質です。

関連
医学処 ラブホルモン「オキシトシン」が夫婦の危機を救う
医学処 テストステロン作用で春と冬にグラマーな体つきになる


広告
posted by さじ at 21:53 | Comment(2) | TrackBack(0) | 内分
この記事へのコメント
記事に修正が間に合わなかったミスがあります。生物の成長を左右するホルモン ではありません。最終成熟に関わるホルモン です。ステロイドやPGFです。
Posted by 本人 at 2006年10月15日 20:42
こんばんは。コメント遅れて申し訳ありません。わざわざありがとうございます。確かにニュアンスとしての重要度は後者のほうが大きくなりますね。勉強になります。
Posted by さじ at 2006年10月19日 03:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。