2006年10月08日

Dr.コトー診療所2006、いよいよ10月12日より放送開始

ドラマ完成披露会見『Dr.コトー診療所2006』
 
 沖縄県与那国島でのロケが話題となり、また島唯一の医師である“コトー先生”と島に生きる人々の絆を強く丁寧に描いて感動を呼んだ『Dr.コトー診療所』。2003年の連続ドラマの後、2004年新春および秋には単発ドラマも制作された。そして再び、フジテレビでは、10月12日より毎週木曜22時から連続ドラマ『Dr.コトー診療所2006』を放送する。先ごろ、一足早く完成披露記者会見が開催された。

▼圧倒的スケールのロケーションで描かれる濃密な人間ドラマは健在!

 『Dr.コトー』シリーズの魅力のひとつに、その圧倒的なロケーションの美しさが挙げられる。メインのロケ地である沖縄県与那国島は、沖縄本島から509キロ、石垣島から127キロ、台湾まで111キロの国境の島。美しい海と空を持つこの島に診療所のオープンセットを組み、劇中の“志木那島の島民の生活”を描いている。最新作『Dr.コトー診療所2006』のクランクインは今年の6月。沖縄本島や東京での撮影も交え、入念な準備と制作期間を要して『Dr.コトー』の世界観を作り上げている。

 自然豊かなこの島の住民役には、実力派俳優が名を連ねており、絶妙な芝居の掛け合いも見所のひとつ。登場人物たちの背景がこれまでのシリーズで描かれ、土台となっている今作では、完成披露記者会見で大塚寧々さんが「親戚が集まったような感じ」と語るように、出演者の一体感がより一層強まっている。

 家族の病気や子供の巣立ちなど、誰にでも起こりうるできごとを通して、濃密な人間ドラマを展開。島の変わらない風景をよそに、今作はコトー先生が家族同様に大切に想う、柴咲コウさん演じる看護師・彩佳の病気が発覚する。コトー先生は医師としての冷静な判断と身内としての心痛の狭間で苦悩することに・・・。

▼「10年、20年経っても、決して色褪せることのないドラマになるように・・・」

 放送に先立ち、9月20日(水)に完成披露記者会見が都内で開催された。主要の出演者9名が登壇して舞台挨拶が行われたほか、第1話の試写会も同時に開催。放送スタート3週間前に、第1話が完成しているのは異例だ。クランクインの早さは元より、丁寧に作品が作られているのを印象付ける。
 
 “Dr.コトー”こと五島健助を演じる吉岡秀隆さんは「10年経っても20年経っても、決して色褪せることのないドラマになるよう、みんなで一所懸命頑張っておりますので、ご期待ください」と挨拶。星野彩佳役の柴咲さんは「前回とは全然違う彩佳さんとコトー先生との関係や島のみんなとの関係が、嘘臭くない本当の人間ドラマとして映るようにと思ってカメラの前に立たせていただいています」と意気込みを語る。

 新加入の看護師・仲依ミナ役の蒼井優さんは、「『Dr.コトー』は好きな作品だったので、今回声を掛けていただいて本当に光栄。1話を拝見して、自分が『Dr.コトー』の世界に入っていることがすごく不思議で、すごく感動しました」と緊張の面持ち。その一方で、漁師の安藤重雄役の泉谷しげるさんは「いつも台風にあたって島に入れないことも。台風を撮れ!と思うほどヒドイ目に遭ってるけど、映像的にはそんな苦労が微塵も出ていない」と不満をこぼしつつも場内を沸かす。診療所で事務長として働く和田一範役の筧利夫さんは「今回も本当に撮影が長い。ここまで3ヶ月やってまいりました。まだ3ヶ月あります。与那国島のロケでは毎晩、(彩佳の父・星野正一役の)小林薫さんと飲んでいて逃げ場がありません!」と話すと、会見は一気に和やかムードに。「久しぶりに現場に来てもホっとできる」(柴咲さん)、「やっていてチームワークを感じる」(時任三郎さん)と、長期の撮影で生まれた連帯感が、会見でも垣間見られた。

 中江功プロデューサー兼監督が「今回は、島にだいぶ馴染んだコトー先生が島の家族と接することによって、最終的には医者とは何だろうかということを描いていこうと思っていますが、言葉にするのは簡単でもそれは非常に難しく、日々奮闘しております。1話から、出演者も増え、事件もあり、診療所の核であった彩佳も病気になり、と大変な事態が起きます。ますます期待してご覧になっていただきたい」と語るように、目が離せない展開が待ち受けていそう。島の風景とコトー先生に癒されつつ、『Dr.コトー診療所2006』を楽しみたい。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 ドラマ版も、漫画の第二部をやるようですね。最新巻の表紙に新しいキャラがいて「何だコリャ」と思い購入をためらってしまいましたが…面白いんでしょうか?正直、前巻で買う気を失ってしまったのは事実です。医療に重点置く感じになってきたら購入したいんですが。

関連:
医学処 Dr.コトー診療所、再度連続ドラマ化
医学処 離島医療に関する質疑応答でやりがいを発見

『Dr.コトー診療所2006』

出演/
吉岡秀隆、柴咲コウ、時任三郎、大塚寧々、蒼井優、桜井幸子、
大森南朋、富岡涼、堺雅人、泉谷しげる、筧利夫、小林薫ほか
プロデュース/中江功、増本淳、塚田洋子
演出/中江功、平井秀樹、高木健太郎
脚本/吉田紀子
原作/山田貴敏著『Dr.コトー診療所』(「週刊ヤングサンデー」連載 小学館刊)
制作/フジテレビ

▽フジテレビ系にて10月12日(木)スタート。
毎週木曜22:00〜22:54放送(全11話)
※初回は、22:00〜23:24放送(30分拡大)


広告
posted by さじ at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。