2006年10月02日

2006年度のノーベル生理学・医学賞は「RNA干渉の発見」

ノーベル生理学・医学賞に米の2教授

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は2日、2006年のノーベル生理学・医学賞を米スタンフォード大医学部のアンドリュー・ファイヤー教授と米マサチューセッツ大医学部のクレイグ・メロー教授に授与すると発表した。

 授賞理由は「RNA干渉の発見」。賞金1000万スウェーデンクローナ(約1億6000万円)は半分ずつ分ける。授賞式は12月10日にストックホルムで行われる。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 出ましたね。ノーベル賞です。2chでは2年前に受賞するのではないかと言われていた2人が見事に射止めました。個人のみならず国としても栄誉ですね。おめでとうございます!

参考:2004ノーベル賞を予想する

関連
医学処 北村惣一郎氏と笹川千尋氏に武田医学賞
医学処 優れた医学研究者に与えられる「ラスカー賞」が発表
医学処 野口英世賞は賞金1億円。5年に1度授与
医学処 東大医科学研究所の河岡教授がドイツ最高の医学賞を受賞
広告
posted by さじ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24788735

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。