2006年09月29日

ザクロから前立腺癌を抑制する成分が発見される

ザクロに前立腺がん抑制成分、名古屋市立大が研究発表

 果物のザクロに、前立腺がんの細胞を死滅させる成分が含まれていることが、名古屋市立大の朝元誠人助教授らの研究で分かった。横浜市で開催中の日本癌学会で28日発表した。

 朝元助教授らは、人間の初期の前立腺がん細胞を培養し、濃度5%のザクロ果汁の溶液に入れて影響を調べた。すると、わずか30分で激しい反応を起こし、がん細胞が死滅した。前立腺がんにこれほど強く作用する天然物質は例がないという。他のがん細胞には効果がなかった。

 また、前立腺がんのラットに、5%濃度のザクロジュースを飲ませたところ、がん縮小効果がみられた。ザクロの何の成分が効いているかは不明。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 果物シリーズ。今回はザクロということですが、何だか本当にかなり効いているみたいですね。ご当地モノというわけでもなさそうですし、本格的に期待できるかも。

関連
医学処 1日に17本以上ビールを飲めば前立腺がんにならない
医学処 がん検診においてPET神話は崩壊する


広告
posted by さじ at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。