2012年01月10日

当直明けの外科医に手術をさせない病院の診療報酬をアップする。

当直明けの手術、やめれば診療報酬加算 厚労省方針

 厚生労働省は7日、当直明けの外科医に、手術の予定を入れないよう取り組む病院について、来年度から診療報酬の加算対象に加える方針を固めた。勤務医の負担軽減策の一環。診療報酬改定に向けて議論する中央社会保険医療協議会(中医協)に提案し、大筋で了承された。

 厚労省は、当直明けに手術を行う頻度を985人の外科医に尋ねた日本外科学会の調査結果を中医協に報告した。「いつも」が31%、「しばしば」が26%、「まれに」が15%であわせて7割に上った。

 当直による疲れが原因で「手術時に医療事故や、事故には至らないミスの経験がある」のは4%、事故経験はないが手術の質が低下することが「多い」「まれにある」と答えたのは83%に達し、医療安全に影響があると判断した。

 勤務医の負担減対策としては、長時間の連続勤務を減らす取り組みなどに加算する仕組みがある。当直明けに手術を入れないことも追加する。



 え、だって人が足りないんだからしょうがなくないですか?

 手術しない科の給料を0.9割ぐらいに下げて、外科医の給料を1.2ー1.3倍に上げて、外科医志望を増やしたほうが良くないですかね?

 当直後の手術をやめるって、手術する人が少なかったらどうすりゃいいんですかね?この案は外科医も納得づくなんでしょうか。それとも机上の話なんでしょうか。


広告
posted by さじ at 02:34 | Comment(0) | 大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。