2012年01月08日

女性の肥満症の基準を変更。BMI25以下でも腹囲80cm以上なら肥満。

女性は腹囲80センチ以上も肥満症に…学会検討

 日本肥満学会は、体格指数(BMI)25未満で、腹囲80センチ以上の女性についても肥満症の対象とする検討を始めた。

 これまでBMI25未満の人は、肥満症の対象外だった。特定健診のメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の腹囲基準(男性85センチ、女性90センチ以上)は、肥満症の診断基準を基本にしているため、厚生労働省が進める特定健診の腹囲基準見直しに影響を与えそうだ。

 現在の基準で肥満症と診断されるのは、BMIが25以上で、かつ「脂質異常や高血圧などの健康障害が見られる」「腹囲が男性85センチ、女性90センチ以上」のどちらかに当てはまった場合。しかし、BMI25未満でも内臓周辺に脂肪がたまると、動脈硬化などが増加する傾向が指摘されている。



 肥満症の定義がうにょうにょ変更されて、一般の人としては時流の移り変わりがあってもしっかり肥満症と判断されるのでまぁいいでしょうけれど、つらいのは受験シーズンの医学生か。まぁ国家試験の問題は前年の夏には出来ているらしいので、いきなり変更があってもそれが試験に出題されるということはないので、この記事をみた医学生のアナタ、惑わされないようにして下さい。


広告
posted by さじ at 14:00 | Comment(0) | 消化
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。